要求仕様のトレーサビリティ

モデル、テスト、コードの要求仕様のトレース

要求仕様のトレーサビリティは、モデル、テスト、およびコードを要求仕様の定義に結び付けて、設計ライフサイクルでの変更を管理したり無駄を削減したりすることに役立ちます。Simulink 環境は、要求仕様のトレーサビリティの効率的なリンク、解析、およびレポートを実行する機能を提供します。

トレーサビリティ解析は、業界標準 (自動車業界の ISO 26262 および IEC 64508、商業航空の DO 178B、鉄道の EN 50128、医療の IEC 62304、および CMMI や SPICE などの一般ソフトウェア開発規格) の準拠のために必要です。

Simulink Verification and Validationでは、Simulink 環境で作成されたモデルの要求仕様のトレーサビリティを達成できます。以下を行うことができます。

  • 設計、テスト、および要求仕様情報を含むトレーサビリティ レポートを単一のドキュメントに生成できます。
  • 要求仕様にリンクしているモデル内のオブジェクトを強調表示し、外部要求仕様へのリンクを提供できます。
  • モデル構造とリンク情報を、要求仕様管理リポジトリにエクスポートできます。
  • 自動化 API を使用してユーザー ワークフローでリンクと統合を確立できます。


参考: Simulink Verification and Validation, 正式検証, Simulink Verificatin and Validation, モデルベースのテスト, Simulink Design Verifier, 要求仕様のトレーサビリティ ビデオ