Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

デジタル スレッド

ダッシュボードでは、プロジェクト内のアーティファクトの属性や一意の識別子を取得する "デジタル スレッド" が作成されます。デジタル スレッドは、プロジェクト内のアーティファクト、アーティファクトの構造、およびアーティファクト間のトレーサビリティ関係に関する一連のメタデータ情報です。

ダッシュボードはデジタル スレッドを監視および解析して、次を行います。

  • プロジェクト ファイルが移動した場合に検出し、アーティファクト ファイルとアーティファクト ファイル内の要素に対して同じ汎用一意識別子 (UUID) を維持する

  • トレーサビリティを取得し、Simulink® Test™ のテスト マネージャーなどのツールをリッスンし、新しいツールの出力およびツール操作の依存関係を検出する

  • ツール操作に対する入力のトレーサビリティとチェックサムを解析し、古いツールの出力を特定する

  • プロジェクトのインデックスを作成し、各アーティファクトの表現、内部構造、他のアーティファクトとの関係を保存する

  • 要件、ユニット、テスト ケース、および設計に影響する結果に関するトレーサビリティと最新情報を維持するのに役立つプロジェクト アーティファクトの全体的な解析を提供する

ダッシュボードでは、デジタル スレッドの解析結果を保存し、領域、ツール、アーティファクト全体に対してトレーサビリティ解析を実行できます。プロジェクト アーティファクトをローカルに読み込んだりプロジェクト アーティファクトにアクセスしたりする必要はありません。

モデルとテスト アーティファクトを変更する際に、変更をアーティファクト ファイルに保存し、プロジェクトで解析するファイルを格納したことを確認してください。

トレーサビリティ関係を識別して維持するには、デジタル スレッドでは、プロジェクトが正しくセットアップされている必要があります。デジタル スレッドでは、次のことが必要です。

  • アーティファクトが現在のプロジェクトに保存されている。

  • アーティファクトのトレースがプロジェクトに対して有効になっている。プロジェクトの [起動とシャットダウン] 設定で、アーティファクトのトレースの設定を表示して変更できます。[ツールの出力を追跡して期限切れの結果を検出] を選択してアーティファクトのトレースを有効にします。

アーティファクトが、想定に反して [アーティファクト] パネルに表示されない場合は、モデル テスト ダッシュボードでのアーティファクト、リンク、および結果の欠損の解決またはモデル保守性ダッシュボードでのアーティファクトと結果の欠損の解決を参照してください。