無線および有線通信システム向け MATLAB および Simulink

MATLAB® および Simulink® 製品ファミリは、通信システムのより高速かつ正確な設計とシミュレーションに役立ちます。通信エンジニアは、詳細な低水準のモデルと動作の高水準の抽象化を使用して、単一の環境内で必要なレベルのモデルの忠実度と実行時の性能を実装できます。MATLAB と Simulink は、エンジニアの以下の作業を支援することにより設計フローを合理化します。

  • 5GWLAN などの複雑な無線システムの設計、シミュレーション、プロトタイピング
  • 信号処理アナログ/ミックスドシグナルRF、およびアンテナを組み合わせた、無線基地局/デバイス半導体チップ用の統合プラットフォームでのアルゴリズム開発
  • SerDes 有線通信システムの設計と高速デジタル相互接続用の IBIS-AMI モデルの生成

「MATLAB と Simulink が提供する効率的な統合システム開発プラットフォームにより、アナログとデジタル、ソフトウェアとハードウェア、アルゴリズムと実装や検証の間の橋渡しが可能となります」

Erni Zhu, Huawei

MATLAB による通信システム開発

通信インフラ

基地局エンジニアとネットワーク エンジニアは、MATLAB と Simulink を使用して以下を行うことができます。

  • エンドツーエンドの通信リンクを設計してモデル化
  • 5GWLAN などの業界規格を使用して、複雑な無線システムを設計、シミュレーション、検証
  • MIMO などの高度なチャネルを効率的にモデル化し、ネットワークの性能に対する RF 損失の影響を解析
  • FPGA および ASIC 上でのプロトタイピング、設計、検証

モバイルデバイス (スマートフォン、タブレット、無線チップ)

MATLAB および Simulink のツールは、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスの設計に広く使用されています。たとえば、システムレベルの設計と解析、通信チャネルのモデル化、LTE などの規格に準拠した波形を使用したシミュレーション、FPGA を使用したラピッド プロトタイピングなどです。さらに、モバイル通信エンジニアは MATLAB と Simulink を使用して、以下を行うことができます。


光ネットワークと有線ネットワーク

電気通信およびシグナル インテグリティのエンジニアは、MATLAB と Simulink を使用して、高速デジタル インターフェイス要素を設計、シミュレーション、モデル化できます。MATLAB および Simulink のツールの一般的な用途は、次のとおりです。

  • CTLE や DDR などの SerDes アルゴリズムの設計
  • 高速バックプレーンのモデル化
  • システムレベルのシミュレーションを使用した、アーキテクチャのトレードオフの調査
  • 実装や妥当性確認のための HDL モデル、IBIS-AMI モデル、または SystemVerilog DPI モデルの作成