WLAN Toolbox

無線 LAN 通信システムのシミュレーション、解析、およびテスト

 

WLAN Toolbox™ は、無線 LAN 通信システムの設計、シミュレーション、解析、およびテストのための規格に準拠した機能を備えています。このツールボックスでは、IEEE 802.11ax/ac/ad/ah および 802.11b/a/g/n/j/p 規格に対応した設定が可能な物理層の波形を使用できます。チャネル符号化 (BCC および LDPC)、変調 (OFDM、DSSS、および CCK)、空間ストリーム マッピング、チャネルモデル (TGay、TGax、TGac、TGah、および TGn) および MIMO 受信機を含む送信機、チャネルのモデル、および受信機のオペレーションにも対応しています。

ツールボックスにはリファレンス設計が含まれているため、ベースバンド リンクレベルのシミュレーションおよび複数ノードのシステムレベル シミュレーションの実施に役立ちます。共通 MAC フレームを生成し、解析することができます。チャネル電力、スペクトルマスクおよび占有帯域幅などの信号計測を実行し、無線 LAN 通信リンクのエンドツーエンドのシミュレーションのためのテストベンチを作成することも可能です。

システム パフォーマンスに対する RF 設計の影響と干渉を調査することができます。また、WLAN Toolbox の RF 機器またはハードウェア サポート パッケージを使用すると、自身の送信機モデルおよび受信機モデルを無線デバイスに接続し、無線通信による送受信を介して設計を検証することができます。

今すぐ始める:

波形生成

規格に準拠したさまざまな Wi-Fi 波形を生成します。

802.11 規格のサポート

IEEE 802.11ax/ac/ad/ah/j/p/n/g/a/b 波形を生成します。生成された波形を使用して、Wi-Fi システムをテストし、実装のゴールデン リファレンスとして使用します。

DMG、S1G、VHT、HT 混合、および非 HT 波形生成の生成。

PPDU パケット形式

複数の形式 (HE、VHT、HT ミックスド、非 HT、DMG、S1G、OFDM、DSSS、CCK) を指定し、それぞれのプリアンブルとデータフィールドを生成します。

データおよびプリアンブル フィールドを持つ WLAN パケット構造。

無線波形発生器アプリ

対話型で WLAN 波形を生成AWGN、位相のオフセット、周波数オフセット、DC オフセット、IQ インバランス、およびメモリレス 3 次非線形などの RF 損失を追加します。コンスタレーション ダイアグラム、スペクトル アナライザー、OFDM グリッド、およびタイム スコープ プロットで結果を可視化します。

Wireless Waveform Generator アプリを使用した 802.11ax 波形の生成

リンクレベル シミュレーション

IEEE 802.11ax/ac/ad/ah/n/j/p/g/a 標準のリンクレベル シミュレーションを実行します。パケット誤り率 (PER)、ビット誤り率 (BER)、およびスループット メトリクスを計算することによって、リンクのパフォーマンスを解析します。

伝播チャネルモデル

TGay、TGax、TGac、TGah、および TGn マルチパス フェーディング チャネルを特性化し、シミュレートします。

WLAN チャネルモデル。

ビームフォーミング

リンクレベルのパフォーマンスを改善するためにビームフォーミングを適用します。送信ビームフォーミングを適用して、受信機に向かってエネルギーを集束させます。受信ビームフォーミングを使用して、受信機の主ビームを送信機に向けることによって SNR を改善します。

チャネル サウンディングでビームフォーミングを送信します。

テストと計測 

テストモデルを作成し、送信機と受信機の性能を計測します。

802.11ad 送信機スペクトル放射マスクテスト。

受信機測定

受信機最小入力感度テストを実行して、IEEE® 802.11 規格への準拠を検証します

802.11ac 受信機最小入力感度テスト。

信号リカバリ

信号情報をリカバーし、受信操作を実行します。

受信機設計

フレーム同期、周波数オフセット補正、チャネル推定およびチャネル等化、共通エラー位相トラッキングを実行します。信号フィールドとデータフィールドを復調および復号します。

プリアンブル復号による 802.11ac 信号リカバリ。

Wi-Fi ビーコン

802.11 OFDM 非 HT ベースのビーコンパケットをリカバーします。

802.11 OFDM ビーコンフレーム生成。

802.11ax

IEEE 802.11ax 規格の波形生成とエンドツーエンドのリンクレベル シミュレーションを実行します。

MAC モデリング

MAC のデータフレーム、管理フレーム、制御フレームを生成、解析、および復号します。

MAC フレーム生成

IEEE® 802.11 MAC フレーム (MPDU、AMSDU、および AMPDU) を生成し、MAC フレームの内容が予想どおりであることを確認します。

 

802.11 MAC フレーム生成

MAC フレームの解析

802.11 MAC フレームの解析と復号

802.11ax パケット波形の等化されたサンプル

システムレベル シミュレーション

複数ノードで Wi-Fi リンクをモデル化。PHY、MAC、およびアプリケーション層を含むプロトコル スタックをシミュレーションします。

MAC および PHY シミュレーション

MAC および PHY 層と共有通信チャネルを含む、複数ノード WLAN ネットワークをモデル化します。

MAC および PHY シミュレーションの各ノードでのネットワーク統計

PHY 層の抽象化

PHY 層の抽象化を用いてシステム シミュレーションを高速化。リンクの品質モデルおよびパフォーマンスモデルを開発。

パケットエラーレートの比較: 抽象化 PHY とシミュレーション PHY の比較。

トラフィックのスケジューリング、QoS、および干渉

システムレベルのスループット メトリクスの計算。トラフィックのスケジューリングをモデル化して干渉の影響の特性評価を行います。

WLAN 干渉での Bluetooth Low Energy (BLE) 共存。

無線の接続性

送信機モデルおよび受信機モデルを無線デバイスに接続し、無線通信による送受信を介して設計を検証します。

SDR を使用した 802.11 OFDM ビーコンフレームの送信

無線通信の受信

MATLAB を使用して RF 機器または SDR ハードウェアで受信した無線信号を収集して解析します。

802.11 OFDM ビーコンフレームの受信に使用される USRP® SDR

新機能

IEEE 802.11ax ドラフト 4.1 (Wi-Fi6) のサポート

IEEE® P802.11ax™ ドラフト 4.1 で定義されているように、プリアンブル パンクチャにより高効率シングルユーザー (HE SU) Null データ パケット (NDP) を生成

IEEE 802.11ax トリガーベース形式のリンクレベル シミュレーション

高効率トリガーベース (HE TB) 波形を設定、生成、復調、および復号

マルチコア処理を用いたデータリカバリ関数

低密度パリティチェック (LDPC) 復号をマルチコアで処理することによりシミュレーション時間を短縮

無制限のアンテナ数で信号を送信および受信

任意の数のアンテナとリンクで、WLAN 伝送、マルチパス チャネル モデル、受信処理を適用

システムレベルのシミュレーションの例

802.11ax ダウンリンクの直交周波数分割多元接続 (OFDMA) シナリオ、マルチスペースタイムストリーム、および 802.11a Minstrel レート アダプテーションのモデル化

ブラインド信号のリカバリおよび解析の例

波形内の複数の IEEE 802.11a および IEEE 802.11ax パケットをブラインド検出、復号、および解析

これらの機能や対応する関数の詳細については、リリースノートをご覧ください。