5G NR (New Radio) の初版の仕様策定が完了し、無線エンジニアは MATLAB®/Simulink® を使用して、新たな要件を満たす新製品の開発に取り組んでいます。

5G の物理層アルゴリズムとリンクレベル性能の最適化、RFとアンテナ設計のシミュレーション、ハードウェアプロトタイプと実信号テストによるシステム検証など、5G NR の開発タスクを加速させる方法を解説しています。

この実践的なガイドには以下の内容が含まれています。

  • セクション1: テクノロジーと設計
    周波数の利用効率向上とデータ転送速度の最適化に必要となる5Gの物理層とRFのテクニックの概要を学びます。
  • セクション2: 新しいアーキテクチャとアルゴリズム
    ハイブリッドビームフォーミング、パワーアンプの線形化、新たな波形、Polar符号とLDPC符号化のテクニックを紹介します。
  • セクション3: プロトタイプとフィールド試験の高速化
    MATLABのリファレンスアルゴリズムをHDLコードに自動で変換する手順を紹介します。ケーススタディでは、HuaweiやEricssonにおける実践方法をご覧ください。
  • セクション4: システムの検証とテスト
    ソフトウェア無線とRF機器を利用した実信号によるテストの方法と、大規模なテストデータを後処理、解析、可視化する方法を紹介します。

まずは、ebookをダウンロードしてご覧ください。