SerDes Toolbox

 

SerDes Toolbox

SerDes システムを設計して、高速デジタル相互接続用の IBIS-AMI モデルを生成

 

SerDes Toolbox™ には、MATLAB® および Simulink® モデルライブラリと、シリアライザー/デシリアライザー (SerDes) システムの設計および検証に使用できる一連の解析ツールとアプリが用意されています。

SerDes Designer アプリを使用すると、統計解析を使用して、有線通信の送信機および受信機を迅速に設計できます。このアプリは、MATLAB ベースのパラメーター化されたモデルとアルゴリズムを提供します。これにより、パフォーマンス指標を評価するために、さまざまなイコライザーの設定を調べ、アイダイアグラムを生成できます。

CTLE、DFE、FFE、CDR などの基本構成を使用して、選択したアーキテクチャを記述し、制御と適応のアルゴリズムをシミュレーションできます。PCIe、USB、イーサネット、DDR など、一般的なアプリケーションのホワイトボックスの例では、独自の設計の基礎として使用できるリファレンス設計を提供します。

SerDes Toolbox は、IBIS-AMI デュアルモデルの自動生成をサポートしています。これらのモデルは、システムの統合と検証において、サードパーティのチャネル シミュレーターと共に使用できます。

SerDes Design

パラメーター化されたホワイトボックス モデルとアルゴリズムを使用して、SerDes システムを設計します。

SerDes Designer アプリ

SerDes Designer アプリを使用して、SerDes システムの設計、設定、解析を行います。レポート、アイダイアグラム、バスタブ曲線、およびその他の可視化を使用して、パフォーマンス指標を確認します。さらなる改良と検証を行うために、Simulink および IBIS-AMI モデルを生成します。MATLAB を使用して、設計と解析を自動化します。

SerDes Designer アプリ。

適応イコライザー向けの基本構成

DFE、CTLE、AGC、CDR などのホワイトボックス モデルを使用して、適応イコライザーを開発します。シングルエンド信号と差動信号に対して、パラメーター化されたブロックとアルゴリズムを使用します。擬似ランダム バイナリ シーケンス (PRBS) を生成し、PAM4 および NRZ 変調をサポートするスティミュラス パターンをカスタマイズします。

SerDes 設計用の Simulink の基本構成。

SerDes の解析およびシミュレーション

SerDes Designer アプリで統計解析を行い、時間領域シミュレーションを追加するために Simulink モデルを作成します。

統計解析

SerDes Designer アプリを使用して、統計解析を実行し、Eye Contour、ビット誤り率 (BER)、バスタブ曲線、およびその他の測定基準を計算して視覚化します。仕様を満たすまで、等化アルゴリズムとチャネルの設計空間を調べます。

PAM4 SerDes システムの統計解析。

時間領域シミュレーション

周波数依存減衰、反射、および任意のインパルス応答を取得するカスタマイズ可能な Simulink ブロックとチャネルモデルを使用して、適応アルゴリズムの時間領域シミュレーションを実行します。

時間領域シミュレーションを行うために SerDes Designer アプリで生成された Simulink モデル。システムレベルの設定 (左) とチャネルパラメーター (右)。

IBIS-AMI モデルの生成

規格に準拠した IBIS-AMI モデルを生成して、サードパーティのチャネル シミュレーターで使用します。

デュアルモデルの生成

関連付けられたアナログ IBIS モデルを使用して、IBIS-AMI 統計 (Init) アルゴリズムモデルおよび時間領域 (GetWave) アルゴリズムモデルを生成します。SerDes Designer アプリおよび Simulink から IBIS-AMI パラメーターを管理することで、モデル インターフェイスをカスタマイズします。

IBIS-AMI パラメーター マネージャーでは、生成された IBIS-AMI モデルのカスタマイズが可能。

サードパーティのチャネル シミュレーターとの統合

生成された IBIS-AMI モデルを、SiSoft QCD および QSI、Keysight™ADS、Synopsys® HSPICE、MentorGraphics®、HyperLynx®、Cadence® Sigrity System SI など、サードパーティのチャネル シミュレーターにインポートします。検証フローで IBIS-AMI モデルを使用して、顧客と共有します。

SerDes Designer アプリで生成された IBIS-AMI モデルの QCD シミュレーションの結果。

リファレンス設計

ホワイトボックスのブロックを使用して、PCI Express、DDR メモリ、イーサネットなど、業界標準の通信プロトコルをモデル化します。

規格に準拠した参照モデル

PCIe Gen4、DDR5、OIF CEI-56G の規格準拠のリファレンス設計を使用します。まずは参照モデルを調整して、NRZ や、PAM4 などの高次変調方式を使用し、次世代通信プロトコルを設計します。

Simulink でシミュレーションおよび解析された PAM4 リファレンス設計。

新機能

SerDes Toolbox を導入

SerDes システムを設計して、高速デジタル相互接続用の IBIS-AMI モデルを生成

SerDes Designer アプリ

任意の設定を使用して、送信機と受信機を含む SerDes システムを設計および解析

統計解析と時間領域シミュレーション

リンク解析の実行、パルス応答の計算、アイダイアグラムの視覚化を行い、SerDes システムのパフォーマンスを測定

MATLAB System Object と Simulink ブロックのライブラリ

パラメーター化された等化アルゴリズム、理想的ではないアンプ、チャネルモデル、およびその他の一般的な SerDes コンポーネントを使用

IBIS-AMI デュアルモデルの生成

サードパーティのチャネル シミュレーターにインポートするために、規格に準拠した Init および GetWave IBIS-AMI モデルを生成

業界標準のリファレンス設計

イーサネット CEI-56G、DDR5、PCI-Gen4 などの通信プロトコルのホワイトボックス モデルを使用

これらの機能および対応する関数の詳細については、リリースノートを参照してください。

無料評価版を入手する

30 日間の無料評価版はこちら

今すぐダウンロード

あなたは学生ですか?

MATLAB および Simulink 学生向けソフトウェアの入手

詳細を見る