Simulink Check

モデルチェックをカスタマイズ

モデルアドバイザーのカスタムチェックを構成、カスタマイズ、自動化し、モデルが組織独自の規格やガイドラインに準拠していることを確認します。

編集時にエラーを検出して修正

編集時チェックを使用してエラーを検出し、その場で対処することで、後工程での手直しを回避します。Simulink®、System Composer™、または Stateflow® 用のカスタムの編集時チェックを作成し、組織独自の規格の要件を満たします。

モデルベースデザイン向け CI/CD オートメーション

CI/CD Automation for Simulink Check™ サポート パッケージにより Simulink 向けに導入を簡素化して、継続的インテグレーション/継続的デプロイ (CI/CD) のワークフローを最適化します。CI/CD パイプラインの定義、ビルドの失敗を避けるためのデスクトップでの事前承認、Jenkins® または Gitlab® などの CI システムとの統合が可能となり、インクリメンタル ビルドを実行してビルド時間を削減できます。

要件ベーステストの追跡

ユニットテストのアーティファクトの状態と品質を監視して、要件ベーステストの完全性を評価し、ISO 26262 と DO-178C 規格に準拠します。

品質、複雑度、および保守性の測定

モデルのサイズ、アーキテクチャ、および複雑度をモデルメトリクスで評価し、プロジェクトにおける MATLAB®、Simulink®、Stateflow® の成果物の可読性、保守性、および再利用性の改善に役立てます。ダッシュボードでメトリクスを統合すると、ISO 26262、DO-178C、IEC 61508、IEC 62304、EN 50128 などの規格準拠に向けて進捗を監視できます。

モデルのレビューとレポートの自動化

レビュー用にモデル アドバイザー レポートを生成します。違反を正当化して警告とエラーを非表示にします。Parallel Computing Toolbox™ を使用すると、複数のマシンによるチェックを並行実行して、準拠の検証を加速できます。

複雑なモデルの簡略化とデバッグ

モデルスライサーを使用して、シミュレーション中のアクティブな動作に基づく静的解析と動的解析を組み合わせ、機能の依存関係を強調表示します。ベースラインテスト等価テストの失敗プロパティ証明の反例、整数オーバーフローなどのエラーをデバッグします。

モデル間でのモデリングクローンの特定とリファクタリング

モデルを解析し、クローンや重複するモデリングパターンを検出します。自動リファクタリングにより、保守性を向上させ、再利用性を高め、設計の複雑度を軽減します。非効率なパターンを検出し、リファクタリングしてコード効率を高めます。

「当社は、ARP4754 の要件を客観的かつ着実に確立できるように、Simulink のシステム設計モデルを使用しています。モデルを DO-178 のソフトウェア設計モデルの基礎として使用し、そこからフライトコードを生成して、ソフトウェア検証に妥当性確認テストを再利用することで、時間を短縮しています。」

Ronald Blanrue, Airbus Helicopters