ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ConfusionMatrixChart のプロパティ

混同行列チャートの外観と動作

ConfusionMatrixChart のプロパティは、ConfusionMatrixChart オブジェクトの外観と動作を制御します。プロパティの値を変更することで、混同行列チャートの一定の部分を変更できます。たとえば、タイトルを追加できます。

cm = confusionchart([1 3 5; 2 4 6; 11 7 3]);
cm.Title = 'My Confusion Matrix Title';

ラベル

すべて展開する

混同行列チャートのタイトル。文字ベクトルまたは string スカラーを指定します。

例: cm = confusionchart(__,'Title','My Title Text')

例: cm.Title = 'My Title Text'

x 軸のラベル。string スカラーまたは文字ベクトルを指定します。

例: cm = confusionchart(__,'XLabel','My Label')

例: cm.XLabel = 'My Label'

x 軸のラベル。string スカラーまたは文字ベクトルを指定します。

例: cm = confusionchart(__,'YLabel','My Label')

例: cm.YLabel = 'My Label'

このプロパティは読み取り専用です。

混同行列チャートのクラス ラベル。categorical ベクトル、数値ベクトル、string ベクトル、文字配列、文字ベクトルの cell 配列、または logical ベクトルとして格納されます。

行と列の要約

すべて展開する

混同行列チャートの列の要約。以下のいずれかを指定します。

'off'列の要約を表示しません。
'absolute'各予測クラスについて、正しく分類された観測値と誤分類された観測値の総数を表示します。
'column-normalized'各予測クラスについて、正しく分類された観測値と誤分類された観測値の個数を、対応する予測クラスの観測値数に対する割合で表示します。正しく分類された観測値の割合は、クラス単位の精度 (または陽性の予測値) であると考えることができます。
'total-normalized'各予測クラスについて、正しく分類された観測値と誤分類された観測値の個数を、観測値の総数に対する割合で表示します。

例: cm = confusionchart(__,'ColumnSummary','column-normalized')

例: cm.ColumnSummary = 'column-normalized'

混同行列チャートの行の要約。次のいずれかを指定します。

'off'行の要約を表示しません。
'absolute'真のクラスのそれぞれについて、正しく分類された観測値と誤分類された観測値の総数を表示します。
'row-normalized'真のクラスのそれぞれについて、正しく分類された観測値と誤分類された観測値の個数を、対応する予測クラスの観測値数に対する割合で表示します。正しく分類された観測値の割合は、クラス単位の再現率 (つまり真陽性率) であると考えることができます。
'total-normalized'真のクラスのそれぞれについて、正しく分類された観測値と誤分類された観測値の個数を、観測値の総数に対する割合で表示します。

例: cm = confusionchart(__,'RowSummary','row-normalized')

例: cm.RowSummary = 'row-normalized'

データ

すべて展開する

このプロパティは読み取り専用です。

混同行列の値。数値行列として格納されます。このプロパティは、Normalization プロパティの方式を使用して正規化された混同行列の値に等しくなります。混同行列の正規化値は Normalization プロパティを変更するたびに再計算されます。

セルの値の正規化。次のいずれかを指定します。

'absolute'観測値の総数を各セルに表示します。
'column-normalized'予測クラスが同じである観測値の個数によって各セルの値を正規化します。
'row-normalized'真のクラスが同じである観測値の個数によって各セルの値を正規化します。
'total-normalized'観測値の総数によって各セルの値を正規化します。

セルの値の正規化を変更すると、セルの色も変更されます。

例: cm = confusionchart(__,'Normalization','total-normalized')

例: cm.Normalization = 'total-normalized'

色とスタイル

すべて展開する

グリッドの可視性の状態。次のいずれかを指定します。

  • 'on' — チャートの各セルの間にグリッド ラインを表示します。

  • 'off' — チャートの各セルの間にグリッド ラインを表示しません。

例: cm = confusionchart(__,'GridVisible','off')

例: cm.GridVisible = 'off'

対角線上のセルの色。色の名前または RGB 3 成分を指定します。対角線上の各セルの色は、セルの値と DiagonalColor プロパティに比例し、混同行列チャートのセルの最大値に対して正規化されます。正の値のセルには、色の最小値を使用した、DiagonalColor プロパティに比例する色が付けられます。

RGB 3 成分は、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 要素の行ベクトルです。強度は範囲 [0,1] に含まれていなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。あるいは、一部の一般的な色を名前で指定できます。次の表は、色の完全名と省略名のオプション、および等価な RGB 3 成分の値の一覧です。

オプション説明等価な RGB 3 成分
'red' または 'r'[1 0 0]
'green' または 'g'[0 1 0]
'blue' または 'b'[0 0 1]
'yellow' または 'y'[1 1 0]
'magenta' または 'm'マゼンタ[1 0 1]
'cyan' または 'c'シアン[0 1 1]
'white' または 'w'[1 1 1]
'black' または 'k'[0 0 0]

セル ラベルのテキストは、チャートのセルの色に応じた適切な色が自動的に選択されます。

例: cm = confusionchart(__,'DiagonalColor','blue')

例: cm.DiagonalColor = 'blue'

対角線外のセルの色。色の名前または RGB 3 成分を指定します。対角線上の各セルの色は、セルの値と OffDiagonalColor プロパティに比例し、混同行列チャートのセルの最大値に対して正規化されます。正の値のセルには、色の最小値を使用した、OffDiagonalColor プロパティに比例する色が付けられます。

RGB 3 成分は、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 要素の行ベクトルです。強度は範囲 [0,1] に含まれていなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。あるいは、一部の一般的な色を名前で指定できます。次の表は、色の完全名と省略名のオプション、および等価な RGB 3 成分の値の一覧です。

オプション説明等価な RGB 3 成分
'red' または 'r'[1 0 0]
'green' または 'g'[0 1 0]
'blue' または 'b'[0 0 1]
'yellow' または 'y'[1 1 0]
'magenta' または 'm'マゼンタ[1 0 1]
'cyan' または 'c'シアン[0 1 1]
'white' または 'w'[1 1 1]
'black' または 'k'[0 0 0]

セル ラベルのテキストは、チャートのセルの色に応じた適切な色が自動的に選択されます。

例: cm = confusionchart(__,'OffDiagonalColor','blue')

例: cm.OffDiagonalColor = 'blue'

タイトル、軸ラベルおよびクラス ラベルのテキストの色。色の名前または RGB 3 成分を指定します。

RGB 3 成分は、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 要素の行ベクトルです。強度は範囲 [0,1] に含まれていなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。あるいは、一部の一般的な色を名前で指定できます。次の表は、色の完全名と省略名のオプション、および等価な RGB 3 成分の値の一覧です。

オプション説明等価な RGB 3 成分
'red' または 'r'[1 0 0]
'green' または 'g'[0 1 0]
'blue' または 'b'[0 0 1]
'yellow' または 'y'[1 1 0]
'magenta' または 'm'マゼンタ[1 0 1]
'cyan' または 'c'シアン[0 1 1]
'white' または 'w'[1 1 1]
'black' または 'k'[0 0 0]

セル ラベルのテキストは、チャートのセルの色に応じた適切な色が自動的に選択されます。

例: cm = confusionchart(__,'FontColor','blue')

例: cm.FontColor = 'blue'

フォント

すべて展開する

フォント名。システムがサポートするフォント名を指定します。既定のフォントは、オペレーティング システムおよびロケールによって異なります。

例: cm = confusionchart(__,'FontName','Cambria')

例: cm.FontName = 'Cambria'

タイトル、軸ラベル、クラス ラベルおよびセル ラベルのフォント サイズ。正のスカラーを指定します。既定のフォントは、オペレーティング システムおよびロケールによって異なります。

タイトルと軸ラベルには、わずかに大きい (10% 拡大された) フォントが使用されます。セル内にセル ラベルを表示する十分な余地がない場合は、より小さいフォント サイズがセル ラベルに使用されます。セル ラベルが小さくなりすぎた場合は、非表示になります。

例: cm = confusionchart(__,'FontSize',12)

例: cm.FontSize = 12

位置

すべて展開する

サイズ変更操作時に変わらないままとする位置のプロパティ。'outerposition' または 'innerposition' を指定します。既定値の 'outerposition' は、OuterPosition プロパティが変わらずにいることを意味します。InnerPosition プロパティの値は、その親コンテナーのサイズ、そのデータまたはラベルが変わると変わる可能性があります。

例: cm = confusionchart(__,'ActivePositionProperty','innerposition')

例: cm.ActivePositionProperty = 'innerposition'

親コンテナー (Figure、パネルまたはタブ) 内の外側のサイズおよび位置。[left bottom width height] という形式の 4 要素のベクトルを指定します。外側の位置には、タイトル、軸ラベルおよびクラス ラベルが含まれます。

  • left および bottom 要素は、コンテナーの左下隅からチャートの左下隅までの距離を定義します。

  • width および height 要素はチャートのサイズであり、チャートのセルと、周囲のテキストのための余白が含まれます。

既定値 [0 0 1 1] は、コンテナーの内側全体です。

既定では、値はコンテナーに対して正規化されます。単位を変更するには、Units プロパティを設定します。

例: cm = confusionchart(__,'OuterPosition',[0.1 0.1 0.8 0.8])

例: cm.OuterPosition = [0.1 0.1 0.8 0.8]

親コンテナー (Figure、パネルまたはタブ) 内のチャートの内側のサイズおよび位置。[left bottom width height] という形式の 4 要素のベクトルとして返されます。内側の位置には、タイトル、軸ラベルまたはクラス ラベルは含まれません。

  • left および bottom 要素は、コンテナーの左下隅からチャートの左下隅までの距離を定義します。

  • width および height 要素はチャートのサイズであり、チャートのセルのみが含まれます。

例: cm = confusionchart(__,'InnerPosition',[0.1 0.1 0.8 0.8])

例: cm.InnerPosition = [0.1 0.1 0.8 0.8]

親コンテナー (Figure、パネルまたはタブ) 内のチャートの内側のサイズおよび位置。[left bottom width height] という形式の 4 要素のベクトルとして返されます。このプロパティは、InnerPosition プロパティと等価です。

位置の単位。次のいずれかの値を指定します。

Units説明
'normalized'コンテナー (通常は Figure またはパネル) に対して正規化します。コンテナーの左下隅は (0,0)、右下隅は (1,1) に対応します。
'inches'インチ。
'centimeters'センチメートル。
'characters'

グラフィックス ルート オブジェクトの既定 uicontrol フォントに基づきます。

  • 文字の幅 = 文字 x の幅。

  • 文字の高さ = 2 行のテキストのベースライン間の距離。

'points'タイポグラフィーのポイント数。1 ポイントは 1/72 インチです。
'pixels'

ピクセル数。

R2015b 以降、Windows® システムと Macintosh システムではピクセル単位の距離がシステムの解像度に依存しなくなりました。

  • Windows システムでは、1 ピクセルは 1/96 インチです。

  • Macintosh システムでは、1 ピクセルは 1/72 インチです。

Linux® システムでは、ピクセルのサイズはシステムの解像度によって決定されます。

オブジェクト作成時に単位を名前と値のペアとして指定する場合、これらの単位を使用するプロパティ (OuterPosition など) を指定する前に、Units プロパティを設定しなければなりません。

可視性の状態。次のいずれかの値を指定します。

  • 'on' — チャートを表示します。

  • 'off' — チャートを削除せずに非表示にします。チャートが非表示であっても、そのプロパティにはアクセスできます。

親/子

すべて展開する

親コンテナー。figure オブジェクト、パネル オブジェクト、またはタブ オブジェクトを指定します。

親の Children プロパティのチャート オブジェクト ハンドルの可視性。次のいずれかの値を指定します。

  • 'on' — オブジェクト ハンドルは常に表示されます。

  • 'off' — オブジェクト ハンドルは常に非表示になります。このオプションは、別の関数による意図しない UI への変更の防止に役立ちます。このような関数の実行時に一時的にハンドルを非表示にするには、HandleVisibility'off' に設定します。

  • 'callback' — コールバックによって起動されたコールバックまたは関数内ではオブジェクト ハンドルが表示されますが、コマンド ラインから起動された関数内では表示されません。このオプションは、コマンド ラインにおけるオブジェクトへのアクセスを阻止しますが、コールバック関数によるアクセスは許可します。

親の Children プロパティにオブジェクトがリストされていない場合、オブジェクト階層を探索するかハンドルのプロパティを問い合わせることによってオブジェクト ハンドルを取得する関数は、オブジェクト ハンドルを返すことができません。これには、getfindobjgcagcfgconewplotclaclfclose が含まれます。

非表示のオブジェクト ハンドルは、依然として有効です。ルートの ShowHiddenHandles プロパティを 'on' に設定すると、HandleVisibility プロパティの設定に関係なく、すべてのオブジェクト ハンドルがリストされます。

R2018b で導入