Main Content

モデル、ブロックおよび端子のコールバック

モデル化イベントのコードを実行 (モデルを開くなど)

関数

set_paramシステムとブロックのパラメーター値の設定
get_paramパラメーターの名前と値の取得
getCallbackAnnotationコールバックを実行する注釈を取得

クラス

Simulink.Annotationテキスト、イメージ、領域の注釈の作成とプロパティ指定

例および操作のヒント

  • モデル コールバック

    モデルが読み込まれたときや、モデルをユーザーが保存したときなどに、モデルの特定のアクション ポイントで実行される MATLAB® コードを指定します。

  • ブロックのコールバック

    ブロックが読み込まれるか、開かれるか、編集されるときに実行されるブロック コールバックを設定します。

  • 端子のコールバック

    入出力端子の接続が変更されるたびに実行されるコールバックを端子上に設定します。

  • View and Trace Callbacks in Model

    You can view and trace all the callbacks executed in a model. To record all callbacks, on the Simulink® toolstrip, on the Debug tab, under Diagnostics, select Log Callbacks. To view the callback report, go to Debug > Diagnostics > Callback Tracer.

概念