ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ブロック

ブロック パラメーターの設定によるブロック動作のカスタマイズ

Simulink® モデルを作成するには、ブロック線図にブロックを追加してから、それらのブロックを接続および構成します。数値ブロック パラメーターに値を代入することでシミュレーション中のブロック計算を制御したり、外観を制御するブロック プロパティを調整できます。

ブロックのパラメーターとプロパティを調整すると、以下のことを実行できます。

  • モデルを設計しながらパラメーター値で実験する。

  • パラメーター値を推定することで、シミュレーション結果と測定データを一致させる。

  • パラメーター値を最適化することで、効率的な制御アルゴリズムを設計する。

  • ブロックをドキュメント化し、外観をカスタマイズする。

ブロックとモデルの間で共有できるグローバル変数を作成することで、システム定数を定義します。

関数

set_paramシステムとブロックのパラメーター値の設定
get_paramパラメーターの名前と値の取得
slexprパラメーター オブジェクトの値で使用する式を生成

クラス

Simulink.DualScaledParameterSimulink の 2 つのスケール パラメーターの名前、値、単位およびその他のプロパティの指定
Simulink.Parameterブロック パラメーターの値を保存、共有、構成する

トピック

ブロック パラメーター

ブロック パラメーター値の設定

ブロックには、出力値の計算方法を決める数値パラメーターがあります。ブロックで実行される計算を制御するには、パラメーター値を指定します。

変数の作成によるブロック パラメーター値の共有と再利用

複数のブロック パラメーターを同じ値に設定するには、ベース ワークスペース、モデル ワークスペース、データ ディクショナリなどのワークスペースで作成および格納できる数値変数を使用できます。

再利用可能なコンポーネントのパラメーター インターフェイス

再利用可能なコンポーネントの各ブロック パラメーターで、コンポーネントのすべてのインスタンスに対して同じ値を指定するか、インスタンスごとに異なる値を指定します。

関連するブロック パラメーター定義を構造体に整理

ブロック パラメーターの値を構造体に集約して、モデルの可読性を向上させ、モデルの保守にかかる手間を軽減します。

ブロック パラメーター値の調整と試行

モデルの作成時に、Transfer Fcn ブロックの係数などのブロック パラメーターを試して、使用するブロックを決定することができます。

ブロック パラメーター値の最適化、推定およびスイープ

パラメーターのスイープを使用して制御パラメーターを調整し、未知のモデル パラメーターを推定して、実際のシステムにおける不確かさを考慮に入れながら制御アルゴリズムのロバスト性をテストします。

シミュレーションおよびコード実行時のパラメーター値セットの切り替え

独立した値のセットを構造体配列に格納して、同じブロック パラメーターのこのセットを切り替えます。

ブロック パラメーターのデータ型の制御

Simulink および生成されたコードでコンピューター メモリにブロック パラメーター値を格納するために使用するデータ型を制御します。

ブロック パラメーターの最小値と最大値の指定

数値ブロック パラメーターの最小値と最大値を設定して、設計を完全に指定し、生成コードを最適化します。

ブロック固有のパラメーター

モデルを作成および変更するスクリプトを記述するには、ブロックのダイアログ ボックスでパラメーターまたはプロパティのプログラム上の名前を確認します。

ブロック プロパティ

ブロック プロパティの指定

ブロックの表示を制御して、ブロックへのカスタム ドキュメンテーションを追加します。ブロックの実行順序とコールバックを指定します。

ブロックとユーザー データの関連付け

数値変数などの独自のデータをブロックに関連付けます。

注目の例