最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ブロックとユーザー データの関連付け

set_param コマンドを使用すると、ユーザー独自のデータをブロックに関連付けられます。たとえば、次のコマンドは変数 mydata の値を、現在選択してあるブロックに関連付けます。

set_param(gcb, 'UserData', mydata)

mydata の値には、配列、構造、オブジェクト、Simulink® データ オブジェクトなど、任意の MATLAB® データ型を使用できます。

ブロックに関連付けられているユーザー データを取り出すには、get_param を使います。

get_param(gcb, 'UserData')

次のコマンドを使用すると、ブロックに関連付けられたユーザー データを、そのブロックを含むモデルのモデル ファイルに保存できます。

set_param(gcb, 'UserDataPersistent', 'on');

メモ

ブロックの永続的な UserData が Simulink データ オブジェクトを含む場合は、それらのオブジェクトのクラス定義を含むディレクトリは、そのブロックを含むモデルを開いたときに、MATLAB パス上になければなりません。

関連するトピック