Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

信号ラベル定義の作成またはインポート

信号ラベラーでは、MAT ファイルに保存されている既存の signalLabelDefinition オブジェクトをインポートするか、アプリで信号ラベル定義を labeledSignalSet に直接追加できます。

信号ラベル定義を使用して信号のラベルを定義します。ラベルは次の 3 つのタイプです。

  • "属性" ラベルは、信号特性全体を定義します。

  • "関心領域" (ROI) ラベルは、開始時間と終了時間のある関心領域上の信号特性を定義します。

  • "点" ラベルは、時間内のある関心点における信号特性を定義します。

各ラベルは 4 つのデータ型のうち 1 つをもつことができます。

  • "logical" ラベルは、truefalse のいずれかです。

  • categorical ラベルは、指定するカテゴリ セットの 1 つに属します。

  • 数値 ラベルは任意の数値をもちます。

  • string ラベルは文字列で表される任意の値をもちます。

例: 数値属性として平均 RMS 値で信号にラベルを付ける定義を作成します。

  • コマンド ラインで次のコードを入力します。

    lblRMS = signalLabelDefinition("MeanRMSattr", ...
    'LabelType','attribute','LabelDataType','numeric');
    save('MeanRMSdef','lblRMS')
    このコードは、信号ラベラーに読み込んで MeanRMSattr というラベル定義をインポートできるファイル MeanRMSdef.mat を作成します。

  • 信号ラベラー[ラベラー] タブで [定義の追加] をクリックし、[ラベル定義の追加] を選択します。ダイアログ ボックスで、[ラベル名]MeanRMS として、[ラベルのタイプ][属性] として、[データ型][数値] として指定します。

例: 立ち上がり遷移の場合は "rising"、立ち下がり遷移の場合は "falling" として、信号のゼロクロッシングにラベル付けする定義を作成します。

  • コマンド ラインで次のコードを入力します。

    ldf = signalLabelDefinition("Crosses",'LabelType','point', ...
    'LabelDataType','categorical','Categories',["rising","falling"]);
    save('CrossDef','ldf')
    このコードは、信号ラベラーに読み込んで Crosses というラベル定義をインポートできるファイル CrossDef.mat を作成します。

  • 信号ラベラー[ラベラー] タブで [定義の追加] をクリックし、[ラベル定義の追加] を選択します。ダイアログ ボックスで、[ラベル名]crossings として、[ラベルのタイプ][点] として、[データ型][categorical] として、カテゴリを rising および falling として、各カテゴリを新しい行に指定します。

信号ラベル定義のインポート

既存の信号ラベル定義をインポートするには、[ラベラー] タブの [インポート] をクリックし、[ラベルの定義][ファイルから] を選択します。ダイアログ ボックスで、インポートするラベル定義を含む MAT ファイルの名前を指定します。MAT ファイルには signalLabelDefinition オブジェクトのベクトルが 1 つだけ含まれていなければなりません。

ラベル定義の作成

信号ラベル定義をラベル付き信号セットに追加するには、[ラベラー] タブで [定義の追加] をクリックし、[ラベル定義の追加] を選択します。ダイアログ ボックスで、以下のフィールドを指定します。

  • ラベル名 — テキスト ボックスに名前を指定します。

  • ラベル タイプ[属性][ROI]、または [点] の 1 つを選択します。

  • ラベルの説明 (オプション) — テキスト ボックスに説明を指定します。

  • データ型[string][numeric][logical] (既定)、または [categorical] の 1 つを選択します。

  • カテゴリ — このフィールドは、[データ型][categorical] として指定した場合に表示されます。各カテゴリを 1 行ごとに入力します。

  • 既定の設定 (オプション) — 信号ラベルの既定値を指定します。[logical] ラベルの場合、[true][false] のいずれかを選択します。[categorical] ラベルの場合、指定した任意のカテゴリを選択します。

Add label definition dialog box

このアクションはコマンド ラインで addLabelDefinitions を使用することと同じです。

メモ

信号ラベラー セッションで作成した信号ラベル定義を再利用する場合は、定義を MAT ファイルにエクスポートして、後続のセッションでインポートしなければなりません。

サブラベル定義の作成

サブラベル定義を追加するには、[ラベルの定義] ブラウザーで定義を選択し、[ラベラー] タブで [定義の追加] をクリックし、[サブラベル定義の追加] を選択します。ダイアログ ボックスの上部に、サブラベルを追加するラベルの名前が [親の名前] として表示されます。

このアクションはコマンド ラインで addLabelDefinitions を使用することと同じです。

メモ

ラベルは任意の数の "サブラベル" をもちます。サブラベル自体がサブラベルをもつことはできません。

ラベルまたはサブラベルの編集

ラベルまたはサブラベル定義を編集するには、[ラベルの定義] ブラウザーで定義を選択し、[編集] ボタンをクリックします。ダイアログ ボックスで、以下のフィールドを指定します。

  • ラベル名 — テキスト ボックスに値を指定します。

  • ラベルの説明 — テキスト ボックスに値を指定します。

  • カテゴリ — このフィールドは、[データ型][categorical] として指定した場合に表示されます。カテゴリを追加することはできますが、既存のカテゴリは削除できません。新しいカテゴリそれぞれを 1 行ごとに入力します。

  • 既定の設定 — 信号ラベルの既定値を指定します。[logical] ラベルの場合、[true][false] のいずれかを選択します。[categorical] ラベルの場合、指定した任意のカテゴリを選択します。

    既定値の編集は既存ラベルに影響しません。新しい既定値は、新しいメンバー、新しい領域、または新しい点にのみ適用されます。

[ラベル タイプ] または [データ型] フィールドは変更できません。ラベル定義のラベル タイプまたはデータ型を変更するには、定義を削除して、目的のプロパティを持つ定義を追加します。

このアクションはコマンド ラインで editLabelDefinition を使用することと同じです。

ラベルまたはサブラベルの削除

ラベルまたはサブラベル定義を削除するには、[ラベルの定義] ブラウザーで定義を選択し、ツールストリップで [削除] ボタンをクリックします。

このアクションはコマンド ラインで removeLabelDefinition を使用することと同じです。

参考

アプリ

オブジェクト

関連する例

詳細