Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ラベル付き信号セットおよび信号ラベル定義のエクスポート

ラベル付けセッションの最後に、ラベル付けした信号セットまたは作成したラベル定義をエクスポートできます。ラベル付けした信号セットおよび定義を MAT ファイルと MATLAB® ワークスペースのいずれかにエクスポートできます。信号ラベラーは、ラベル付けした信号を labeledSignalSet オブジェクトとしてエクスポートします。

ラベル定義のエクスポート

信号ラベル定義をエクスポートするには、[ラベラー] タブの [エクスポート] をクリックし、[ラベルの定義][ワークスペースへ] または [ファイルへ] を選択します。ダイアログ ボックスで、変数または MAT ファイルの名前を指定します。指定したファイルまたは変数には、現在の信号ラベラー セッションで作成、インポート、および変更したすべての定義を含む signalLabelDefinition オブジェクトの配列が含まれています。

メモ

信号ラベラー セッションで作成した信号ラベル定義を再利用する場合は、定義を MAT ファイルにエクスポートして、後続のセッションでインポートしなければなりません。

ラベル付き信号セットのエクスポート

新しいラベル付き信号セットをエクスポートするには、[ラベラー] タブの [エクスポート] をクリックし、[ラベル付き信号セット][ワークスペースへ] または [ファイルへ] を選択します。ダイアログ ボックスで、変数または MAT ファイルの名前、および概要 (オプション) を指定します。変数またはファイルには、現在の信号ラベラー セッションで作成、インポート、および変更したすべての信号、ラベル定義、およびラベル値をマージする labeledSignalSet オブジェクトが含まれています。時間情報を含むすべての信号は、MATLAB timetable に変換されます。

メモ

信号ラベラーは、ラベル付き信号セットをエクスポートする際に、時間情報をもつすべての信号を timetable に変換します。この変換により、エクスポートした labeledSignalSet オブジェクトのネストされたチャネルの階層がより深くなります。ラベル付き信号セットをアプリに再度インポートすると、より深い階層を確認できます。

参考

アプリ

オブジェクト

関連する例

詳細