Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

plotedit

対話型プロットの編集や注釈の追加

構文

plotedit on
plotedit off
plotedit
plotedit(h)
plotedit(state)
plotedit(h,state)

説明

plotedit on は、現在の Figure にプロット エディット モードを起動します。このグラフィカル ユーザー インターフェイスを使って、簡単にプロットに注釈を加えたり、編集することができます。プロット エディット モードでは、座標軸にラベルを付けたり、ライン スタイルを変更したり、テキスト、ライン、矢印の注釈を追加したりできます。

plotedit off は、現在の Figure のプロット エディット モードを終了します。

plotedit は、現在の Figure でプロット エディット モードを切り替えます。

plotedit(h) は、Figure ハンドル h で指定した Figure でプロット エディット モードを切り替えます。

plotedit(state) は、現在の Figure の plotedit 状態を指定します。state の値は以下になります。

state の値

説明

'on'

プロット エディット モードを起動

'off'

プロット エディット モードを終了

'showtoolsmenu'

メニュー バー内で [ツール] メニューを表示

'hidetoolsmenu'

メニュー バーから [ツール] メニューを削除

メモ:

'hidetoolsmenu' は、Figure ウィンドウを使ったアプリケーションで [ツール] メニューを非表示にする場合に UI 開発者が使用します。

plotedit(h,state) は、Figure ハンドル hplotedit state を指定します。

Figure 2 にプロット エディター モードを起動します。

plotedit(2)

Figure 2 のプロット エディター モードを終了します。

plotedit(2, 'off')

現在の Figure の [ツール] メニューを非表示にします。

plotedit('hidetoolsmenu')

参考

| | | | | | |

R2006a より前に導入