最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

text

データ点に説明テキストを追加

説明

text(x,y,txt) は、txt に指定されたテキストを使用して、現在の座標軸にある 1 つ以上のデータ点に説明テキストを追加します。1 点にテキストを追加するには、xy をスカラーとして指定します。複数の点にテキストを追加するには、xy を長さの等しいベクトルとして指定します。

text(x,y,z,txt) は、テキストを 3 次元座標に配置します。

text(___,Name,Value) は、1 つ以上の名前と値のペアを使用して Text オブジェクトのプロパティを指定します。たとえば 'FontSize',14 はフォント サイズを 14 ポイントに設定します。テキストのプロパティは、前述の構文に示した任意の入力引数の組み合わせを使用して指定できます。Position プロパティと String プロパティを名前と値のペアとして指定する場合、xyz および txt の入力を指定する必要はありません。

text(ax,___) は、現在の座標軸 (gca) ではなく、ax で指定された直交座標軸、極座標軸または地理座標軸にテキストを作成します。オプションの ax は、前述の構文のすべての入力引数の組み合わせより前に指定できます。

t = text(___) は 1 つ以上の text オブジェクトを返します。text オブジェクトの作成後にそのプロパティを変更するには、t を使用します。プロパティと説明の一覧については、Text のプロパティ を参照してください。出力の指定には、前の構文のいずれかを使用できます。

すべて折りたたむ

正弦曲線をプロットします。点 (π,0) に、テキストの説明 sin(π) を追加します。ギリシャ文字 π には TeX マークアップ \pi を使用します。左矢印を表示するには \leftarrow を使用します。

x = 0:pi/20:2*pi;
y = sin(x);
plot(x,y)
text(pi,0,'\leftarrow sin(\pi)')

ギリシャ文字やその他の TeX マークアップの一覧は、Interpreter プロパティの説明を参照してください。

ラインをプロットします。ラインに沿った 2 つの点に同じテキストを追加します。

x = linspace(-5,5);
y = x.^3-12*x;
plot(x,y)

xt = [-2 2];
yt = [16 -16];
str = 'dy/dx = 0';
text(xt,yt,str)

点ごとに異なるテキストを追加するには、str を cell 配列として指定します。

x = linspace(-5,5);
y = x.^3-12*x;
plot(x,y)

xt = [-2 2];
yt = [16 -16];
str = {'local max','local min'};
text(xt,yt,str)

ライン プロットを作成して座標軸に説明テキストを 1 つ追加します。str を cell 配列として指定して、複数行のテキストを表示します。

plot(1:10)
str = {'A simple plot','from 1 to 10'};
text(2,7,str)

ライン プロットを作成して座標軸に説明テキストを 2 つ追加します。座標軸に複数行の説明テキストを追加するときは、入れ子の cell 配列を指定して複数行テキストを表示します。

plot(1:10)
str = {{'A simple plot','from 1 to 10'},'y = x'};
text([2 8],[7 7],str)

ライン プロットを作成して座標軸に説明テキストを 1 つ追加します。サイズ 14 の赤いフォントを使用します。

plot(1:10)
text(2,8,'A Simple Plot','Color','red','FontSize',14)

ライン プロットを作成し、ラインに沿って説明テキストを 2 つ追加します。text オブジェクト t を返します。

x = linspace(-5,5);
y = x.^3-12*x;
plot(x,y)
t = text([-2 2],[16 -16],'dy/dx = 0')

t = 
  2x1 Text array:

  Text    (dy/dx = 0)
  Text    (dy/dx = 0)

関数 text は、各説明テキストにつき 1 つの text オブジェクトを作成します。したがって、t には 2 つの text オブジェクトが含まれています。

t(1) を使用して、最初の text オブジェクトの色とフォント サイズを変更します。プロパティの設定にはドット表記を使用します。それより前のリリースを使用している場合は、代わりに関数 set を使用してください。

t(1).Color = 'red';
t(1).FontSize = 14;

入力引数

すべて折りたたむ

1 番目の座標。次の形式のいずれかで指定します。

  • スカラー — 1 点にテキストを追加します。

  • ベクトル — 複数の点にテキストを追加します。

1 番目の座標の解釈は、座標軸のタイプによって異なります。

  • 直交座標軸の場合、1 番目の座標はデータ単位での x 軸上の位置です。単位を変更するには、Text オブジェクトの Units プロパティを設定します。

  • 極座標軸の場合、1 番目の座標はラジアン単位での極角度 θ です。

  • 地理座標軸の場合、1 番目の座標は度単位の緯度です。

xy のサイズは等しくなければなりません。

指定の点を基準としてテキストの配置を制御するには、Text オブジェクトの HorizontalAlignment プロパティ、VerticalAlignment プロパティ、および Extent プロパティを使用します。

データ型: double | categorical | datetime | duration

2 番目の座標。次の形式のいずれかで指定します。

  • スカラー — 1 点にテキストを追加します。

  • ベクトル — 複数の点にテキストを追加します。

2 番目の座標の解釈は、座標軸のタイプによって異なります。

  • 直交座標軸の場合、2 番目の座標はデータ単位での y 軸上の位置です。単位を変更するには、Text オブジェクトの Units プロパティを設定します。

  • 極座標軸の場合、2 番目の座標はデータ単位での半径です。

  • 地理座標軸の場合、2 番目の座標は度単位の経度です。

xy のサイズは等しくなければなりません。

指定の点を基準としてテキストの配置を制御するには、Text オブジェクトの HorizontalAlignment プロパティ、VerticalAlignment プロパティ、および Extent プロパティを使用します。

データ型: double | categorical | datetime | duration

3 番目の座標。次の形式のいずれかで指定します。

  • スカラー — 1 点にテキストを追加します。

  • ベクトル — 複数の点にテキストを追加します。

3 番目の座標の解釈は、座標軸のタイプによって異なります。

  • 直交座標軸の場合、3 番目の座標はデータ単位での z 軸上の位置です。単位を変更するには、Text オブジェクトの Units プロパティを設定します。

  • 極座標軸と地理座標軸の場合、3 番目の座標は座標軸上のテキストの重ね合わせに影響します。

xy および z のサイズは等しくなければなりません。

指定の点を基準としてテキストの配置を制御するには、Text オブジェクトの HorizontalAlignment プロパティ、VerticalAlignment プロパティ、および Extent プロパティを使用します。

データ型: double | categorical | datetime | duration

表示するテキスト。文字ベクトル、string スカラー、文字配列、string 配列、cell 配列、または categorical 配列として指定します。

1 つのデータ点のテキスト

1 つの点にテキストを追加するには、txt を文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。たとえば、text(.5,.5,'my text') のようになります。

複数行のテキストの場合:

  • cell 配列を使用して、各セルにテキストを 1 行ずつ含めます。たとえば、text(.5,.5,{'first','second'}) のようになります。

  • string 配列を使用して、各要素が 1 行のテキストになるようにします。たとえば、text(.5,.5,["first","second"]) のようになります。

  • 複数行のある文字配列を使用して、各行に同じ数の文字を含めます。たとえば、text(.5,.5,['first '; 'second']) のようになります。

  • sprintf を使用して、改行文字を作成します。たとえば、text(.5,.5,sprintf('first \nsecond')) のようになります。

テキストを categorical 配列として指定した場合、MATLAB® はカテゴリではなく、配列内の値を使用します。

複数のデータ点のテキスト

すべての位置で同じテキストを表示するには、txt を文字ベクトルまたは string として指定します。たとえば、text([0 1],[0 1],'my text') のようになります。

位置ごとに異なるテキストを表示するには、cell 配列を使用します。たとえば、text([0 1],[0 1],{'first','second'}) のようになります。

複数行のテキストを表示するには、入れ子の cell 配列を使用します。たとえば、text([0 1],[0 1],{{'first','new line'},'second'}) のようになります。

ギリシャ文字、特殊文字および数値変数

上付き文字、下付き文字、ギリシャ文字、数学記号などの特殊文字を含めるには、TeX マークアップを使用します。サポートされるマークアップの一覧については、Interpreter プロパティを参照してください。

テキストに数値変数を含めるには、関数 num2str を使用します。

v = 42;
txt = ['The value is ',num2str(v)];

ターゲット座標軸。Axes オブジェクト、PolarAxes オブジェクト、または GeographicAxes オブジェクトとして指定します。座標軸を指定しない場合、text は現在の座標軸を使用します。

名前と値のペアの引数

オプションの Name,Value の引数ペアをコンマ区切りで指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を任意の順序で指定できます。

例: text(.5,.5,'my text','FontSize',14,'Color','red')

メモ

ここでは、プロパティの一部だけを紹介しています。完全な一覧については、Text のプロパティ を参照してください。

フォント サイズ。ポイント単位のゼロより大きいスカラー値として指定します。既定のフォント サイズは、特定のオペレーティング システムとロケールによって異なります。1 ポイントは 1/72 インチです。フォントの単位を変更するには、FontUnits プロパティを使用します。

例: 12

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

文字の太さ。'normal' または 'bold' として指定します。

MATLAB ではフォントは、FontWeight プロパティを使用して、ユーザーのシステムで使用可能なフォントから選択します。すべてのフォントに太字があるとは限りません。そのため、太字フォントを指定しても標準フォントの太さと変わらない場合があります。

フォント名。サポートされているフォント名または 'FixedWidth' として指定します。テキストを正しく表示し印刷するには、システムでサポートされているフォントを選択しなければなりません。既定のフォントは、オペレーティング システムとロケールによって異なります。

どのロケールでもテキストが整って見える固定幅のフォントを使用するには、'FixedWidth' を使用します。固定幅フォントは、ルートの FixedWidthFontName プロパティによって決まります。ルートの FixedWidthFontName プロパティを設定すると、表示内容が新しいフォントを使用して直ちに更新されます。

テキストの色。RGB 3 成分、16 進数カラー コード、色名、または省略名として指定します。既定値 [0 0 0] は、黒に相当します。

カスタム色を使用する場合は、RGB 3 成分または 16 進数カラー コードを指定します。

  • RGB 3 成分は、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 成分の行ベクトルです。強度値は [0,1] の範囲でなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。

  • 16 進数カラー コードは、ハッシュ記号 (#) で始まり、3 桁または 6 桁の 0 から F までの範囲の 16 進数が続く文字ベクトルまたは string スカラーです。これらの値では大文字小文字は区別されません。したがって、カラー コード '#FF8800''#ff8800''#F80'、および '#f80' は等価です。

あるいは、名前を使用して一部の一般的な色を指定できます。次の表に、名前の付いた色オプション、等価の RGB 3 成分、および 16 進数カラー コードを示します。

色名省略名RGB 3 成分16 進数カラー コード外観
'red''r'[1 0 0]'#FF0000'

'green''g'[0 1 0]'#00FF00'

'blue''b'[0 0 1]'#0000FF'

'cyan' 'c'[0 1 1]'#00FFFF'

'magenta''m'[1 0 1]'#FF00FF'

'yellow''y'[1 1 0]'#FFFF00'

'black''k'[0 0 0]'#000000'

'white''w'[1 1 1]'#FFFFFF'

'none'該当なし該当なし該当なし色なし

MATLAB の多くのタイプのプロットで使用されている既定の色の RGB 3 成分および 16 進数カラー コードを次に示します。

RGB 3 成分16 進数カラー コード外観
[0 0.4470 0.7410]'#0072BD'

[0.8500 0.3250 0.0980]'#D95319'

[0.9290 0.6940 0.1250]'#EDB120'

[0.4940 0.1840 0.5560]'#7E2F8E'

[0.4660 0.6740 0.1880]'#77AC30'

[0.3010 0.7450 0.9330]'#4DBEEE'

[0.6350 0.0780 0.1840]'#A2142F'

例: 'blue'

例: [0 0 1]

例: '#0000FF'

Position プロパティの x 値を基準にしたテキストの水平方向の整列。次の表のいずれかの値を指定します。垂直線は、テキストに対する x 値の位置を示します。

結果
'left' (既定)

'center'

'right'

テキストの位置。[x y] の形式の 2 要素ベクトルまたは [x y z] の形式の 3 要素ベクトルとして指定します。3 番目の要素 z を省略する場合、MATLAB はそれを 0 に設定します。

位置の指定には数値を使用します。datetime または duration の値を特定の座標軸方向に適した数値に変換するには、ruler2num を参照してください。

既定では、位置の値はデータ単位で定義されます。単位を変更するには、Units プロパティを使用します。

例: [0.5 0.5 0]

データ型: double | single | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

位置の単位。次の表のいずれかの値を指定します。

単位説明
'data' (既定)データ座標。
'normalized' 座標軸を基準に正規化されます。座標軸の左下隅は (0,0) にマッピングされ、右上隅は (1,1) にマッピングされます。
'inches'インチ。
'centimeters'センチメートル。
'characters'

既定のシステム フォントの文字サイズを基準にします。

  • 文字の幅 = 文字 x の幅。

  • 文字の高さ = 2 行のテキストのベースライン間の距離。

'points'ポイント。1 ポイントは 1/72 インチです。
'pixels'

ピクセル。

R2015b 以降、Windows® および Macintosh システムにおいて、ピクセル単位の距離はシステム解像度に依存しません。

  • Windows システムの 1 ピクセルは 1/96 インチです。

  • Macintosh システムの 1 ピクセルは 1/72 インチです。

Linux® システムでは、ピクセルのサイズは使用しているシステムの解像度によって決まります。

すべての単位は、'data' を除いて、座標軸の左下隅から測定されます。このプロパティは、Position プロパティと Extent プロパティに影響を与えます。

Text オブジェクトの作成時に Position プロパティと Units プロパティを Name,Value のペアとして指定する場合は、指定する順序が重要です。特定の単位で位置を定義するには、Units プロパティを設定してから Position プロパティを設定します。

テキスト インタープリター。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'tex' — TeX マークアップのサブセットを使用して文字を解釈します。

  • 'latex' — LaTeX マークアップを使用して文字を解釈します。

  • 'none' — リテラル文字を表示します。

TeX マークアップ

MATLAB では、既定で TeX マークアップのサブセットをサポートしています。TeX マークアップを使用して、上付き文字や下付き文字の追加、フォントのタイプや色の変更、テキストへの特殊文字の挿入を行うことができます。

修飾子の効果はテキストの末尾まで適用されます。上付き文字と下付き文字は例外であり、次の 1 文字または中かっこで囲まれた文字にのみ適用されます。インタープリターを 'tex' に設定した場合にサポートされる修飾子は次のとおりです。

修飾子説明
^{ }上付き文字'text^{superscript}'
_{ }下付き文字'text_{subscript}'
\bf太字フォント'\bf text'
\itイタリック フォント'\it text'
\sl斜体フォント (通常はイタリック フォントと同じ)'\sl text'
\rm標準フォント'\rm text'
\fontname{specifier}フォント名 — specifier をフォント ファミリの名前に置き換えます。これは他の修飾子と組み合わせて使用できます。'\fontname{Courier} text'
\fontsize{specifier}フォント サイズ — specifier をポイント単位の数値スカラーに置き換えます。'\fontsize{15} text'
\color{specifier}フォントの色 — specifier を、redgreenyellowmagentablueblackwhitegraydarkGreenorangelightBlue の色のいずれかに置き換えます。'\color{magenta} text'
\color[rgb]{specifier}フォントのカスタムの色 — specifier を RGB 3 成分に置き換えます。'\color[rgb]{0,0.5,0.5} text'

次の表に、'tex' インタープリターでサポートされる特殊文字を示します。

文字列記号文字列記号文字列記号

\alpha

α

\upsilon

υ

\sim

~

\angle

\phi

\leq

\ast

*

\chi

χ

\infty

\beta

β

\psi

ψ

\clubsuit

\gamma

γ

\omega

ω

\diamondsuit

\delta

δ

\Gamma

Γ

\heartsuit

\epsilon

ϵ

\Delta

Δ

\spadesuit

\zeta

ζ

\Theta

Θ

\leftrightarrow

\eta

η

\Lambda

Λ

\leftarrow

\theta

θ

\Xi

Ξ

\Leftarrow

\vartheta

ϑ

\Pi

Π

\uparrow

\iota

ι

\Sigma

Σ

\rightarrow

\kappa

κ

\Upsilon

ϒ

\Rightarrow

\lambda

λ

\Phi

Φ

\downarrow

\mu

µ

\Psi

Ψ

\circ

º

\nu

ν

\Omega

Ω

\pm

±

\xi

ξ

\forall

\geq

\pi

π

\exists

\propto

\rho

ρ

\ni

\partial

\sigma

σ

\cong

\bullet

\varsigma

ς

\approx

\div

÷

\tau

τ

\Re

\neq

\equiv

\oplus

\aleph

\Im

\cup

\wp

\otimes

\subseteq

\oslash

\cap

\in

\supseteq

\supset

\lceil

\subset

\int

\cdot

·

\o

ο

\rfloor

\neg

¬

\nabla

\lfloor

\times

x

\ldots

...

\perp

\surd

\prime

´

\wedge

\varpi

ϖ

\0

\rceil

\rangle

\mid

|

\vee

\langle

\copyright

©

LaTeX マークアップ

LaTeX マークアップを使用するには、インタープリターを 'latex' に設定します。テキストをドル記号で囲みます。たとえば、インライン モードでは '$\int_1^{20} x^2 dx$'、表示モードでは '$$\int_1^{20} x^2 dx$$' を使用します。

テキストは LaTeX の既定のフォント スタイルで表示され、FontNameFontWeightFontAngle のプロパティは無視されます。フォント スタイルを変更するには、LaTeX マークアップを使用します。

LaTeX インタープリターで使用できるテキストの最大サイズは 1200 文字です。複数行のテキストの場合は、さらに 1 行につき 10 文字ほど文字数が少なくなります。

LaTeX システムの詳細については、LaTeX プロジェクトの Web サイト (https://www.latex-project.org/) を参照してください。

出力引数

すべて折りたたむ

Text オブジェクト。作成した後で特定の Text オブジェクトに変更を加えるには、t の要素を使用します。プロパティの一覧については、Text のプロパティ を参照してください。

ヒント

  • 既定では text オブジェクトの Clipping プロパティが 'off' に設定されているため、テキストが座標軸の外側に表示される場合があります。座標軸の境界に合わせてテキストをクリップするには、このプロパティを 'on' に設定します。

R2006a より前に導入