ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

matlab.net.http.field.GenericField クラス

パッケージ: matlab.net.http.field
スーパークラス: matlab.net.http.HeaderField

任意の名前と値をもつ HTTP ヘッダー フィールド

説明

GenericField ヘッダー フィールドは、テスト用、またはアプリケーションに適切でない可能性のある本質的な制約を回避するために使用します。HeaderField クラスとそのサブクラスは、指定された Name プロパティの Value プロパティを検証します。拒否される可能性のある Value をオーバーライドするには、GenericField ヘッダー フィールドを作成します。

応答メッセージのヘッダー フィールドにフィールド名として有効でない値が含まれている場合、MATLAB®GenericField オブジェクトを作成します。

クラスの属性

Sealed
true

クラス属性の詳細については、クラスの属性を参照してください。

作成

説明

obj = matlab.net.http.field.GenericField(name,value)Name プロパティを name に、Value プロパティを value に設定して、HTTP ヘッダー フィールドを作成します。

プロパティ

すべて展開する

ヘッダー フィールド名。string または文字ベクトルとして指定します。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

ヘッダー値。string または文字ベクトルとして指定します。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public
Dependent
true

メソッド

すべて展開する

すべて折りたたむ

Content-Length ヘッダー フィールドには数値が含まれていなければなりません。

次のステートメントではエラーが生成されます。

field = matlab.net.http.field.ContentLengthField('abc');

文字値の場合は、GenericField オブジェクトを作成します。

field = matlab.net.http.field.GenericField('Content-Length','abc');

R2016b で導入