ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

matlab.net.http.field.ContentLengthField クラス

パッケージ: matlab.net.http.field
スーパークラス: matlab.net.http.HeaderField, matlab.net.http.field.IntegerField

HTTP Content-Length フィールド

説明

ContentLengthField オブジェクトは、ペイロードの長さをバイト数で指定する、要求メッセージまたは応答メッセージの HTTP ヘッダーフィールドです。

MATLAB® では、ペイロードのあるすべての送信メッセージに Content-Length フィールドが含まれている必要があります。メッセージの本文が空でない場合、MATLAB はデータの長さに基づいて Content-Length フィールドを作成します。詳細については、RFC 7231、3.3.2. 節 Content-Length を参照してください。

応答メッセージにはこのフィールドが含まれる場合と含まれない場合があります。

クラスの属性

Sealed
true

クラス属性の詳細については、クラスの属性を参照してください。

作成

説明

obj = matlab.net.http.field.ContentLengthField(value)Value プロパティを value に設定して、Content-Length ヘッダー フィールドを作成します。

プロパティ

すべて展開する

ヘッダー フィールド名。'Content-Length' として指定します。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

ペイロードの長さ (バイト数)。非負の整数、または非負の整数と評価される string として指定します。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public
Dependent
true

メソッド

すべて展開する

参考

R2016b で導入