ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

convert

クラス: matlab.net.http.HeaderField
パッケージ: matlab.net.http

ヘッダー フィールド値を MATLAB タイプに変換

説明

value = convert(fields) は、fields の各要素の Value プロパティを MATLAB® タイプに変換します。

fields のヘッダー フィールドごとに、MATLAB は fields.Name プロパティと同じ値をもつ名前をサポートするクラスがあるかどうか matlab.net.http.field パッケージをチェックします。パッケージにこのフィールドのクラスが含まれている場合、convert はそのクラスの convert メソッドを呼び出します。field パッケージのクラスを表示するには、matlab.net.http.HeaderField.displaySubclasses メソッドを呼び出します。

変換に失敗した場合、または fields.Name プロパティのいずれかをサポートするクラスがない場合、convert は例外をスローします。

このメソッドは異種混合配列では動作しません。fields のすべてのメンバーが同じクラスでなければなりません。

入力引数

すべて展開する

ヘッダー フィールド。matlab.net.http.field パッケージからのクラス オブジェクトのベクトルとして指定します。fields のすべてのメンバーが同じクラスでなければなりません。

出力引数

すべて展開する

ヘッダー フィールド値。MATLAB タイプのベクトルとして返されます。返されるタイプは特定クラスの convert メソッドの値によって異なります。

すべて展開する

Hubble Heritage の Web サイトにメッセージを送信し、イメージが変更された年を表示します。

uri = matlab.net.URI('http://heritage.stsci.edu/2007/14/images/p0714aa.jpg');
req = matlab.net.http.RequestMessage;
r = send(req,uri);
d = convert(getFields(r,'Last-Modified'));
LastModified = d.Year
LastModified =

        2007

R2016b で導入