ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

convertLike

クラス: matlab.net.http.HeaderField
パッケージ: matlab.net.http

ヘッダー フィールド値を別のヘッダー フィールドと同様に変換

説明

value = convertLike(fields,other)fields の各要素の Value プロパティを、フィールド other の変換ルールを使用して MATLAB® タイプに変換します。

fields のヘッダー フィールドごとに、MATLAB は fields.Name プロパティと同じ値をもつ名前をサポートするクラスがあるかどうか matlab.net.http.field パッケージをチェックします。パッケージにこのフィールドのクラスが含まれている場合、convert はそのクラスの convert メソッドを呼び出します。field パッケージのクラスを表示するには、matlab.net.http.HeaderField.displaySubclasses メソッドを呼び出します。

変換に失敗した場合、または fields.Name プロパティのいずれかをサポートするクラスがない場合、convertLike は例外をスローします。

このメソッドは異種混合配列をサポートしません。fields のすべてのメンバーが同じクラスでなければなりません。

入力引数

すべて展開する

ヘッダー フィールド。matlab.net.http.HeaderField オブジェクトのベクトルとして指定します。fields のすべてのメンバーが同じクラスでなければなりません。

変換ルールに使用するフィールド。string、文字ベクトル、HeaderField オブジェクト、または matlab.net.http.field パッケージで HeaderField サブクラスを識別する meta.class として指定します。

出力引数

すべて展開する

ヘッダー フィールド値。MATLAB タイプのベクトルとして返されます。返されるタイプは特定クラスの convert メソッドの値によって異なります。

すべて展開する

変数 responseCreated-Date ヘッダー フィールドをもつメッセージです。その値は HTTPDateField オブジェクトのように書式設定され、datetime オブジェクトを返します。

myField = response.getFields('Created-Date');
date = myField.convertLike(?matlab.net.http.field.HTTPDateField);

R2016b で導入