ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

eq

クラス: matlab.net.http.HeaderField
パッケージ: matlab.net.http

2 つの HeaderField 配列の比較

説明

field1 == field2 は、2 つの HeaderField 配列を要素ごとに比較し、一致する要素を示す logical 値の配列を返します。配列は、いずれかがスカラーである場合を除き、同じ次元にしなければなりません。

2 つのヘッダー フィールドは、同一でなくても、機能的に等しい場合は等価になります。次の条件がどちらも真の場合、機能的に等価になります。

  • 大文字小文字を区別しない比較で Name プロパティが一致する

  • Value プロパティが一致する。convert メソッドが HeaderField タイプでサポートされる場合、MATLAB®convert の結果に対して isequal メソッドを使用します。convert がサポートされない場合、比較は大文字小文字を区別する Value 文字列の比較に基づいて行われます。

== メソッドは、Name プロパティおよび Value プロパティのみを比較します。field1 および field2 はどちらも HeaderField クラスのインスタンスであるため、メソッドは両方の実際のクラスを無視します。

tf = eq(field1,field2)field1 == field2 を実行するための代替方法です。このメソッドは logical スカラーまたは配列を返します。

入力引数

すべて展開する

ヘッダー フィールド。matlab.net.http.HeaderField オブジェクトまたは HeaderField オブジェクトのベクトルとして指定します。

ヘッダー フィールド。matlab.net.http.HeaderField オブジェクトまたは HeaderField オブジェクトのベクトルとして指定します。

すべて展開する

この比較は、比較するオブジェクトの一方が HeaderField オブジェクト、もう一方が DateField オブジェクトであっても、true と評価します。

import matlab.net.http.HeaderField
import matlab.net.http.field.DateField
dt = datetime('now');
HeaderField('Date',dt) == DateField(dt)
ans = logical
   1

R2016b で導入