ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

matlab.net.http.ResponseMessage クラス

パッケージ: matlab.net.http
スーパークラス: matlab.net.http.Message

HTTP 応答メッセージ

説明

ResponseMessage クラスは、サーバーから返された HTTP 応答メッセージを書式設定します。

クラスの属性

Sealed
true

クラス属性の詳細については、クラスの属性を参照してください。

作成

RequestMessage.send メソッドは応答メッセージを作成します。

プロパティ

すべて展開する

サーバーからのステータス行。matlab.net.http.StatusLine オブジェクトとして指定します。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public
Dependent
true

HTTP ステータス コード。matlab.net.http.StatusCode オブジェクトとして指定します。StatusLine.StatusCode プロパティと同じ。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
immutable
Dependent
true

メッセージ ヘッダー。matlab.net.http.HeaderField オブジェクトまたは HeaderField オブジェクトのベクトルとして指定します。Header プロパティを設定すると、MATLAB® はヘッダーのフィールドをチェックしてメッセージ タイプに対して適切であることを確認します。RequestMessagesend メソッドおよび complete メソッドは、正しい形式の要求になるように必要なヘッダー フィールドを埋めます。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

メッセージ本文。matlab.net.http.MessageBody オブジェクト、matlab.net.http.io.ContentProvider、または MessageBody コンストラクターで受け入れ可能なデータとして指定します。既定では、Body は空です ([] に設定されます)。Body プロパティを含む要求メッセージは通常、'PUT' または 'POST' などのメソッドを使用し、既定値 'GET' は使用しませんが、この表記は強制されません。

完了したメッセージまたは受信したメッセージで、メッセージに ContentTypeField ヘッダー フィールドがある場合、MessageBody.ContentType プロパティはその値に設定されます。それ以外の場合、ContentType は変更されないか空になります。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

メッセージが完了しているかどうか。true または false として指定します。true 値はメッセージが完了していることを意味します。メッセージを返すメソッドは、次の場合に Completed プロパティを true に設定します。

  • Body プロパティまたは Body.Data プロパティが空である。

  • Body.Payload プロパティに生のデータが含まれている。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public
Transient
true

データ型: logical

メソッド

すべて展開する

すべて折りたたむ

Hubble Heritage の Web サイトに、木星のイメージを要求するメッセージを送信します。

HTTP 要求メッセージを書式設定し、応答メッセージ本文の Content-Type を表示します。サーバーは JPEG イメージを返します。

request = matlab.net.http.RequestMessage;
uri = matlab.net.URI('http://heritage.stsci.edu/2007/14/images/p0714aa.jpg');
r = send(request,uri);
r.Body.ContentType
ans = 

  MediaType with properties:

          Type: "image"
       Subtype: "jpeg"
    Parameters: []
     MediaInfo: "image/jpeg"
        Weight: []

関数 imshow を使用してイメージを表示します。MATLAB は、画面に収まるようにイメージのサイズを変更します。

warning('off','Images:initSize:adjustingMag');
imshow(r.Body.Data)

R2016b で導入