ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

removeFields

クラス: matlab.net.http.Message
パッケージ: matlab.net.http

メッセージ ヘッダーからのフィールドの削除

説明

msg = removeFields(msg,ids)ids に一致するヘッダー フィールドをすべて削除し、更新されたメッセージを返します。

入力引数

すべて展開する

メッセージ。matlab.net.http.Message オブジェクトとして指定します。

一致させる名前。以下のいずれかとして指定します。

  • 削除するフィールド名を含む string ベクトル、文字ベクトル、文字ベクトルの cell 配列、string または文字ベクトルのコンマ区切りリスト。名前は、大文字と小文字を区別しません。

  • 削除するフィールド名を決定するために使用される Name プロパティをもつ 1 つ以上の HeaderField オブジェクトのベクトルまたはコンマ区切りリスト。名前は、大文字と小文字を区別しません。ヘッダー フィールド値は無視されます。

  • HeaderField のサブクラスである meta.class オブジェクトのベクトルまたはコンマ区切りリスト。

    removeFields メソッドは、クラスにかかわらず、指定クラスでサポートされる名前と一致する名前を検索します。サポートされる名前の特定のセットがサブクラスにない場合、そのサブクラスのすべてのヘッダー フィールドが、名前にかかわらず一致します。サポートされる名前を表示するには、HeaderField.displaySubclasses メソッドを呼び出します。

例: getFields(response,'Date','Content-Type')

すべて展開する

2 つのヘッダー フィールド Cache-Control と Content-Type を含む要求メッセージを作成し、そのメッセージを表示します。

import matlab.net.http.HeaderField

m = matlab.net.http.RequestMessage('get');
f1 = HeaderField('Cache-Control','no-store, no-cache');
f2 = HeaderField('Content-Type','text/html;charset=utf-8');
m = addFields(m,f1,f2);
show(m)
GET
Cache-Control: no-store, no-cache
Content-Type: text/html;charset=utf-8

Cache-Control フィールドを削除して、更新されたメッセージを表示します。

msg = removeFields(m,'Cache-Control');
show(msg)
GET
Content-Type: text/html;charset=utf-8

MediaRangeField クラスには 2 つのサブクラス AcceptFieldContentTypeField があります。MediaRangeField クラスを指定する ID は、MediaRangeField クラス、AcceptField クラスおよび ContentTypeField クラスのすべてのフィールドと、Name プロパティが 'Accept' または 'Content-Type' である任意のフィールドに一致します。

ContentTypeField ヘッダー フィールドを含むメッセージ m を作成します。

m = matlab.net.http.RequestMessage('get');
f = matlab.net.http.HeaderField('Content-Type','text/html;charset=utf-8');
m = addFields(m,f);

MediaRangeField クラスのサブクラスであるすべてのヘッダー フィールドを削除して、更新されたメッセージを表示します。

id = ?matlab.net.http.field.MediaRangeField;
msg = removeFields(m,id);
show(msg)
GET

R2016b で導入