ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

getFields

クラス: matlab.net.http.Message
パッケージ: matlab.net.http

名前またはクラスが一致するメッセージ ヘッダー フィールドを返す

説明

[fields,indices] = getFields(messages,ids) は、指定された ID に一致するメッセージのフィールドとインデックスを返します。

入力引数

すべて展開する

メッセージ。matlab.net.http.Message オブジェクトのベクトルとして指定します。

例: getFields([msg1,msg2],'Date')

一致させる名前。以下のいずれかとして指定します。

  • 返すフィールド名を含む string ベクトル、文字ベクトル、文字ベクトルの cell 配列、string または文字ベクトルのコンマ区切りリスト。名前は、大文字と小文字を区別しません。

  • 返すフィールドを決定するために使用される Name プロパティをもつ 1 つ以上の matlab.net.http.HeaderField オブジェクトのベクトルまたはコンマ区切りリスト。名前は、大文字と小文字を区別しません。これらのオブジェクトのヘッダー フィールド値は無視されます。

  • HeaderField のサブクラスである meta.class オブジェクトのベクトルまたはコンマ区切りリスト。

    getFields メソッドは、クラスにかかわらず、指定クラスでサポートされる名前と一致する名前を検索します。サポートされる名前の特定のセットがサブクラスにない場合、そのサブクラスのすべてのヘッダー フィールドが、名前にかかわらず一致します。サポートされる名前を表示するには、HeaderField.displaySubclasses メソッドを呼び出します。

例: getFields(response,'Date','Content-Type')

出力引数

すべて展開する

入力に一致するフィールド。matlab.net.http.HeaderField オブジェクトの配列として返されます。一致が存在しない場合、getFields は空の HeaderField 配列を返します。名前検索は大文字小文字を区別しません。

フィールドのインデックス値。整数の配列、または一致がない場合は [] として返されます。

messages がベクトルの場合、getFields はすべてのメッセージから ids に一致するフィールドを返します。indices はベクトルの cell 配列であり、indices{i} には messages{i} で一致するフィールドのインデックスが含まれます。

すべて展開する

RequestMessage.complete メソッドを使用して、欠損している Date ヘッダー フィールドを要求メッセージに追加します。

要求メッセージを作成して MathWorks の Web サイトからテキストを取得します。

uri = matlab.net.URI('https://www.mathworks.com');
req = matlab.net.http.RequestMessage;

メッセージに Date フィールドが含まれることを確認します。日付値はシステムの情報を反映しています。値 indices{1} = []req に Date フィールドが含まれないことを示します。

request = complete(req,uri);
[fields,indices] = getFields([req,request],?matlab.net.http.field.HTTPDateField)
fields = 
  DateField with properties:

     Name: "Date"
    Value: "Sun, 03 Feb 2019 15:12:58 GMT"

indices = 1x2 cell array
    {0x0 double}    {[3]}

R2016b で導入