ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

fill

2 次元の多角形の塗りつぶし

構文

fill(X,Y,C)
fill(X,Y,ColorSpec)
fill(X1,Y1,C1,X2,Y2,C2,...)
fill(...,'PropertyName',PropertyValue)
fill(ax,...)
h = fill(...)

説明

関数 fill は、色付きの多角形を作成します。

fill(X,Y,C) は、C で指定される頂点の色を使用し、XY で表されるデータから塗りつぶされた多角形を作成します。C は、カラーマップへのインデックスとして使用されるベクトルまたは行列です。C が行ベクトルの場合、length(C)size(X,2) およびsize(Y,2) に等しくなければなりません。また、C が列ベクトルの場合、length(C)size(X,1) および size(Y,1) に等しくなければなりません。必要に応じて、関数 fill は、最後の頂点を最初の頂点に接続して多角形を閉じます。XY の値は、数値、datetime 値、duration 値、またはカテゴリカル値にすることができます。

fill(X,Y,ColorSpec) は、ColorSpec で指定される色を使用して、XY で指定される 2 次元の多角形を塗りつぶします。

fill(X1,Y1,C1,X2,Y2,C2,...) は、複数の 2 次元の塗りつぶし領域を指定します。

fill(...,'PropertyName',PropertyValue) では、patch グラフィックス オブジェクトのプロパティ名と値を指定することができます。

fill(ax,...) は、現在の座標軸 (gca) ではなく ax で指定された座標軸に多角形を作成します。オプションの ax は、前述の構文のすべての入力引数の組み合わせより前に指定できます。

h = fill(...) は、patch オブジェクトのベクトルを返します。

すべて折りたたむ

データを定義します。

t = (1/16:1/8:1)'*2*pi;
x = cos(t);
y = sin(t);

関数 fill を使用して赤い八角形を作成します。

fill(x,y,'r')
axis square

ヒント

X または Y のいずれかが行列で、もう一方が行列の行数と同じ要素数の列ベクトルの場合、関数 fill は列ベクトル引数を複写して、必要なサイズの行列を生成します。また、関数 fill は、XY の対応する要素から頂点を形成し、各列のデータから 1 つの多角形を作成します。

X または Y に 1 つ以上の NaN 値が含まれている場合、fill は多角形を塗りつぶしません。

カラー シェーディングのタイプは、引数リスト内での色の設定により異なります。ColorSpec を使用して色を指定すると、fill は、patch オブジェクトの FaceColor プロパティを対応する RGB 3 成分に設定することにより、フラットなシェーディングの多角形を生成します。

C を使って色を指定すると、関数 fill は、座標軸の CLim プロパティで指定される値によって C の要素をスケーリングします。C をスケーリングした後、C は現在のカラーマップを指します。

C が行ベクトルの場合、関数 fill は、フラットなシェーディングの多角形を生成し、行列 X および Y のそれぞれの列で定義される色は各要素により決定されます。各 patch オブジェクトの FaceColor プロパティは 'flat' に設定されます。各行の要素は、n 番目の patch オブジェクトに対する CData プロパティ値になります。ここで、n は、X または Y の対応する列です。

C が列ベクトルまたは行列の場合、関数 fill は、頂点の色の線形内挿を使用して、内挿された色をもつ多角形を生成します。また、Patch グラフィックス オブジェクトの FaceColor プロパティを 'interp' に設定し、1 つの列の要素が、それぞれの Patch オブジェクトに対する CData プロパティの値になります。C が列ベクトルの場合、関数 fill はその列ベクトルを複写して、必要なサイズの行列を生成します。

拡張機能

R2006a より前に導入