Main Content

nsidedpoly

説明

pgon = nsidedpoly(n)n 本の辺がすべて等しい正多角形を返します。pgon の中心は点 (0,0) で、この多角形の外接円の半径は 1 です。

pgon = nsidedpoly(n,Name,Value) は 1 つ以上の名前と値のペアの引数を使用して、多角形の追加のプロパティを指定します。たとえば、pgon = nsidedpoly(4,'SideLength',5) は、中心が (0,0) で各辺の長さが 5 の正方形を作成します。

すべて折りたたむ

各辺の長さが 1 で中心が点 (0,0) の六角形を作成します。次に、各辺の長さが 3 で中心が (5,0) の六角形を作成します。

pgon1 = nsidedpoly(6);
pgon2 = nsidedpoly(6,'Center',[5 0],'SideLength',3);
plot([pgon1 pgon2])
axis equal

Figure contains an axes object. The axes object contains 2 objects of type polygon.

入力引数

すべて折りたたむ

多角形の辺の数。2 より大きい正のスカラー整数として指定します。

データ型: double | single | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

名前と値の引数

引数のオプションのペアを Name1=Value1,...,NameN=ValueN として指定します。ここで Name は引数名で、Value は対応する値です。名前と値の引数は他の引数の後になければなりませんが、ペアの順序は重要ではありません。

R2021a より前では、コンマを使用してそれぞれの名前と値を区切り、Name を引用符で囲みます。

例: pgon = nsidedpoly(3,'Radius',10)

多角形の中心点。'Center' と 1 行 2 列の行ベクトルで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。この行ベクトルの最初の要素は点の x 座標で、2 番目の要素は y 座標です。

データ型: double | single | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

多角形の外接円の半径。'Radius' と正のスカラーで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。この名前と値のペアは、名前と値のペア 'SideLength' と組み合わせることはできません。

データ型: double | single | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

多角形の辺の長さ。'SideLength' と正のスカラーで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。この名前と値のペアは、名前と値のペア 'Radius' と組み合わせることはできません。

データ型: double | single | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

バージョン履歴

R2017b で導入