ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

cell2mat

cell 配列を、基となるデータ型の通常の配列に変換します。

構文

A = cell2mat(C)

説明

A = cell2mat(C) は、cell 配列を通常の配列に変換します。cell 配列の要素は、すべて同じデータ型でなければならず、結果の配列はそのデータ型になります。

C の内容は、N 次元の四角形への連結に対応した内容でなければなりません。それ以外の場合、結果は定義されません。たとえば、同じ列のセルの内容は、同じ行数である必要はありませんが同じ列数でなければなりません (図を参照)。

すべて折りたたむ

数値配列が格納された 4 つのセルからなる cell 配列を 1 つの数値配列に変換します。

C = {[1],    [2 3 4];
     [5; 9], [6 7 8; 10 11 12]}
C = 2x2 cell array
    {[       1]}    {1x3 double}
    {2x1 double}    {2x3 double}

A = cell2mat(C)
A = 3×4

     1     2     3     4
     5     6     7     8
     9    10    11    12

構造体が格納された cell 配列を 1 つの構造体配列に変換します。構造体のフィールドは同じでなければなりません。

s1.a = [1 2 3 4];
s1.b = 'Good';
s2.a = [5 6; 7 8];
s2.b = 'Morning';
c = {s1,s2};
d = cell2mat(c)
d = 1x2 struct array with fields:
    a
    b

構造体 d(1) の最初のフィールドを表示します。

d(1).a
ans = 1×4

     1     2     3     4

d(2) の 2 番目のフィールドを表示します。

d(2).b
ans = 
'Morning'

入力引数

すべて折りたたむ

入力 cell 配列。すべてのセルのデータ型が同じでなければなりません。cell2mat は、C のセルに格納された数値または文字のデータ、もしくは同じフィールド名およびデータ型で構成された構造体を受け入れます。cell2matC にオブジェクトや入れ子にされたセルを指定することはできません。

拡張機能

R2006a より前に導入