最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

cell2table

cell 配列のテーブルへの変換

説明

T = cell2table(C) は、mn 列の cell 配列 C の内容を mn 列の table T に変換します。C の各列は、T の変数に含まれるデータを提供します。

出力 table 内に変数名を作成するために、cell2table は入力配列名に列番号を追加します。入力配列に名前がない場合、cell2table'Var1',...,'VarN' の形式で変数名を作成します。ここで、NC 内の列数です。

T = cell2table(C,Name,Value) は、1 つ以上の Name,Value のペアの引数で指定された追加のオプションを使用して、cell 配列 C から table を作成します。

たとえば、テーブルに含める行名または変数名を指定できます。

すべて折りたたむ

文字ベクトルと数値データを含む cell 配列を作成します。

C = {5 'cereal' 110 'C+'; 12 'pizza' 140 'B';...
    23 'salmon' 367 'A'; 2 'cookies' 160 'D'}
C=4×4 cell array
    {[ 5]}    {'cereal' }    {[110]}    {'C+'}
    {[12]}    {'pizza'  }    {[140]}    {'B' }
    {[23]}    {'salmon' }    {[367]}    {'A' }
    {[ 2]}    {'cookies'}    {[160]}    {'D' }

cell 配列 C を table に変換し、変数名を指定します。

T = cell2table(C,...
    'VariableNames',{'Age' 'FavoriteFood' 'Calories' 'NutritionGrade'})
T=4×4 table
    Age    FavoriteFood    Calories    NutritionGrade
    ___    ____________    ________    ______________

     5     {'cereal' }       110           {'C+'}    
    12     {'pizza'  }       140           {'B' }    
    23     {'salmon' }       367           {'A' }    
     2     {'cookies'}       160           {'D' }    

変数 T.AgeT.Calories は数値ですが、変数 T.FavoriteFoodT.NutritionGrade は文字ベクトルの cell 配列です。

cell 配列をテーブルに変換してから、cell 配列の最初の行をテーブルの変数名として含めます。

最初の行に列見出しを識別する文字ベクトルを含む cell 配列を作成します。

Patients = {'Gender' 'Age' 'Height' 'Weight' 'Smoker';...
    'M' 38 71 176 true;...
    'M' 43 69 163 false;...
    'M' 38 64 131 false;...
    'F' 38 64 131 false;...
    'F' 40 67 133 false;...
    'F' 49 64 119 false}
Patients=7×5 cell array
    {'Gender'}    {'Age'}    {'Height'}    {'Weight'}    {'Smoker'}
    {'M'     }    {[ 38]}    {[    71]}    {[   176]}    {[     1]}
    {'M'     }    {[ 43]}    {[    69]}    {[   163]}    {[     0]}
    {'M'     }    {[ 38]}    {[    64]}    {[   131]}    {[     0]}
    {'F'     }    {[ 38]}    {[    64]}    {[   131]}    {[     0]}
    {'F'     }    {[ 40]}    {[    67]}    {[   133]}    {[     0]}
    {'F'     }    {[ 49]}    {[    64]}    {[   119]}    {[     0]}

列見出しを除外し、cell 配列の内容をテーブルに変換します。

C = Patients(2:end,:);
T = cell2table(C)
T=6×5 table
     C1      C2    C3    C4      C5  
    _____    __    __    ___    _____

    {'M'}    38    71    176    true 
    {'M'}    43    69    163    false
    {'M'}    38    64    131    false
    {'F'}    38    64    131    false
    {'F'}    40    67    133    false
    {'F'}    49    64    119    false

table T には変数名 C1,...,C5 が含まれています。

テーブル プロパティ T.Properties.VariableNames を cell 配列の最初の行に設定して、変数名を変更します。

T.Properties.VariableNames = Patients(1,:)
T=6×5 table
    Gender    Age    Height    Weight    Smoker
    ______    ___    ______    ______    ______

    {'M'}     38       71       176      true  
    {'M'}     43       69       163      false 
    {'M'}     38       64       131      false 
    {'F'}     38       64       131      false 
    {'F'}     40       67       133      false 
    {'F'}     49       64       119      false 

入力引数

すべて折りたたむ

入力 cell 配列。2 次元 cell 配列として指定します。C の各列は、table 変数のデータを提供します。

  • C のある列で cell の内容にサイズと型の互換性がある場合、対応する table 変数はそれらの内容を垂直連結した配列になります。

  • ある列で cell の内容のサイズと型が異なる場合、対応する table 変数は cell 配列になります。

    • ある列で cell の内容がすべて文字ベクトルである場合、対応する table 変数は文字ベクトルの cell 配列になります。

名前と値のペアの引数

オプションの Name,Value の引数ペアをコンマ区切りで指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を任意の順序で指定できます。

例: 'RowNames',{'row1','row2','row3'} は、行名 row1row2 および row3 を table T に使用します。

T の行名。'RowNames' と、文字ベクトルの cell 配列、または string 配列 (それらの要素は空ではなく一意) で構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。名前の数は行数 size(C,1) と等しくなければなりません。

行名には、空白や非 ASCII 文字を含む任意の Unicode® 文字を使用できます。

先頭または末尾に空白文字を含む行名を指定すると、cell2table は行名からそれらを削除します。

T の変数名。'VariableNames' と、文字ベクトルの cell 配列、または string 配列 (それらの要素は空ではなく一意) で構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。名前の数は変数の数 size(C,2) と等しくなければなりません。

変数名には、スペースや非 ASCII 文字を含め、どんな Unicode 文字でも使用することができます。

出力引数

すべて折りたたむ

テーブルとして返される出力テーブル。テーブルには、説明、変数単位、変数名、行名などのメタデータを保存できます。詳細については、table のプロパティの節を参照してください。

互換性についての考慮事項

すべて展開する

R2019b での動作変更

拡張機能

R2013b で導入