Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

オブジェクト解析

エッジ、円およびラインの検出、境界のトレース、四分木分割の実行

イメージの中では、エッジはイメージ強度が急激に変化する経路に沿った曲線です。エッジはしばしばイメージ内のオブジェクトの境界に関係しています。直線、円形オブジェクト、任意の形状の領域のエッジを検出するのに適したさまざまなアルゴリズムがあります。一方、エッジのない同種のブロックを検出できます。

関数

すべて展開する

bwboundariesバイナリ イメージ内の領域の境界をトレース
bwtraceboundaryバイナリ イメージのオブジェクトをトレース
visboundaries領域境界のプロット
imfindcircles円のハフ変換を使用した円の検索
viscircles円の作成
edgeグレースケール イメージ内のエッジの検出
edge33 次元強度ボリューム内のエッジの検出
imgradient2 次元イメージの勾配の大きさと方向の検出
imgradientxy2 次元イメージの方向勾配の検出
imgradient33 次元イメージの勾配の大きさと方向の検出
imgradientxyz3 次元イメージの方向勾配の検出
houghハフ変換
houghlinesハフ変換に基づく線分の抽出
houghpeaksハフ変換のピークの特定
radonラドン変換
iradon逆ラドン変換
qtdecomp四分木分割
qtgetblk四分木分割のブロック値
qtsetblk四分木分割のブロック値の設定

トピック

  • エッジ検出

    エッジ検出は、イメージ内のオブジェクトの境界を探索する手法です。

  • イメージ内の境界トレース

    イメージ内の単一オブジェクトまたはすべてのオブジェクトの境界を表示できます。

  • ハフ変換

    ハフ変換は、垂直および水平から任意の角度に傾いたラインを含むイメージ内のラインを検出します。ハフ変換は比較的高速ですが、アーティファクトが出現する可能性があります。

  • ラドン変換を使用したラインの検出

    この例では、ラドン変換を使用してイメージ内のラインを検出し、最も強いラインを識別する方法を説明します。

  • 四分木分割

    四分木分割は、適応型イメージ圧縮の最初のステップとして役に立ちます。分割にはイメージを同種のブロックに細分割する操作を伴います。