Main Content

浮動小数点 IP ライブラリのパラメーター

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [HDL コード生成][浮動小数点] ペインで、浮動小数点パラメーターにアクセスできます。

浮動小数点の使用

設計でネイティブ浮動小数点ライブラリを使用します。レイテンシ手法と、設計で非正規数を処理するかどうかを指定できます。ネイティブ浮動小数点のパラメーターを参照してください。

設定

既定の設定: オフ

オン

設計をネイティブ浮動小数点ターゲット ライブラリにマッピングします。

オフ

設計をネイティブ浮動小数点ターゲット ライブラリにマッピングしません。

コマンド ライン情報

パラメーター: UseFloatingPoint
型: 文字ベクトル
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

このプロパティを設定するには、関数 hdlset_param または makehdl を使用します。プロパティの値を表示するには、関数 hdlget_param を使用します。

たとえば、次のいずれかの方法を使用して sfir_single モデル内の symmetric_fir サブシステムの HDL コードを生成する際に UseFloatingPoint 設定を有効にできます。

  • プロパティを引数として関数 makehdl に渡す。

    makehdl('sfir_single/symmetric_fir', ... 
            'UseFloatingPoint','on')
  • hdlset_param を使用する場合は、モデルのパラメーターを設定してから makehdl を使用して HDL コードを生成する。

    hdlset_param('sfir_single','UseFloatingPoint','on')
    makehdl('sfir_single/symmetric_fir')

参考

ベンダー固有の浮動小数点ライブラリ

設計で [合成ツール] パラメーターの設定に基づいてベンダー固有の浮動小数点ライブラリを選択し、そのライブラリをネイティブ浮動小数点 (NFP) ライブラリと組み合わせて使用します。NFP とベンダー固有の浮動小数点ライブラリを混合型の設計で一緒に使用することで、強化された DSP 浮動小数点の加算器や乗算器のプリミティブ型など、FPGA のリソースがより効率的に使用されるようになり、より大きな設計を FPGA ファブリックに当てはめることができます。

設定

既定の設定: なし

次のオプションがあります。

なし

ネイティブ浮動小数点モードのみを使用して ASIC デバイスをターゲットにするか、さまざまな FPGA デバイスまたは SoC デバイスで使用できるベンダー非依存のコードを生成します。

ALTERAFPFUNCTIONS

浮動小数点ターゲット ライブラリとして Altera® Megafunctions (ALTERA FP FUNCTIONS) を指定します。IP のターゲット周波数を指定できます。

ALTFP

浮動小数点ターゲット ライブラリとして Altera Megafunctions (ALTFP) を指定します。IP のオブジェクティブとレイテンシ手法を指定できます。

XILINXLOGICORE

浮動小数点ターゲット ライブラリとして Xilinx®LogiCORE® を指定します。IP のオブジェクティブとレイテンシ手法を指定できます。

依存関係

このパラメーターを指定するには、[合成ツール] パラメーターをターゲット ツールに設定し、[浮動小数点の使用] を選択します。[ベンダー固有の浮動小数点ライブラリ] のオプションは、選択する合成ツールによって異なります。

コマンド ライン情報

ベンダー固有の浮動小数点ライブラリを設定するには、次を行います。

  1. 関数 hdlcoder.createFloatingPointTargetConfig を使用して、浮動小数点ライブラリの浮動小数点 IP 構成オブジェクト hdlcoder.FloatingPointTargetConfig を作成します。たとえば、ネイティブ浮動小数点ライブラリに加えて ALTERA FP FUNCTIONS ライブラリをベンダー固有の浮動小数点ライブラリとして含む混合モードの浮動小数点ターゲット構成を作成するには、次のコマンドを使用します。

    fpconfig = hdlcoder.createFloatingPointTargetConfig("NativeFloatingPoint",...
       VendorFloatingPointLibrary = "AlteraFPFunctions");

  2. モデルで浮動小数点ターゲット構成を設定し、HDL コードを生成します。たとえば、sfir_single モデルでこの構成を設定し、symmetric_fir サブシステムの HDL コードを生成するには、次のように入力します。

    hdlset_param("sfir_single", FloatingPointTargetConfiguration = fpconfig);
    makehdl('sfir_single/symmetric_fir')

モデルから浮動小数点ターゲット構成オブジェクトを取得するには、次のように入力します。

fpconfig = hdlget_param("sfir_single", 'FloatingPointTargetConfiguration')

参考