Main Content

浮動小数点 IP ライブラリ

このパラメーターは、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [HDL コード生成][浮動小数点] ペインに存在します。このパラメーターを使用して、浮動小数点ターゲット ライブラリを指定します。

設定

既定の設定: なし

次のオプションがあります。

なし

設計を浮動小数点ターゲット ライブラリにマッピングしない場合、このオプションを選択します。

Native Floating Point

ネイティブ浮動小数点をライブラリとして指定します。レイテンシ手法と、設計で非正規数を処理するかどうかを指定できます。

Altera Megafunctions (ALTERA FP FUNCTIONS)

浮動小数点ターゲット ライブラリとして Altera® Megafunctions (ALTERA FP FUNCTIONS) を指定します。IP のターゲット周波数を指定できます。

Altera Megafunctions (ALTFP)

浮動小数点ターゲット ライブラリとして Altera Megafunctions (ALTFP) を指定します。IP のオブジェクティブとレイテンシ手法を指定できます。

Xilinx LogiCORE

浮動小数点ターゲット ライブラリとして Xilinx®LogiCORE® を指定します。IP のオブジェクティブとレイテンシ手法を指定できます。

コマンド ライン情報

浮動小数点ライブラリを設定するには、次を行います。

  1. 浮動小数点ライブラリの浮動小数点ターゲット構成オブジェクトを作成します。この例では、Native Floating Point ライブラリの hdlcoder.FloatingPointTargetConfig オブジェクトの作成方法を示します。

    fpconfig = hdlcoder.createFloatingPointTargetConfig('NativeFloatingPoint');

  2. モデルで浮動小数点ターゲット構成を設定してから、HDL コードを生成します。この例では、sfir_single モデルでこの構成を設定し、symmetric_fir サブシステムの HDL コードを生成する方法を示します。

    hdlset_param('sfir_single','FloatingPointTargetConfig',fpconfig)
    makehdl('sfir_single/symmetric_fir')

参考