Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

レート変更ブロックと Constant ブロックの使用方法

次のガイドラインは、モデルでのレート変換を実行可能なブロックおよび設計の Constant ブロックなどのソース ライブラリのブロックを設計で使用する方法を示します。各ガイドラインに準拠要件のレベルを示す重大度レベルが割り当てられています。詳細については、HDL モデリング ガイドラインの重大度レベルを参照してください。

レート変換ブロックの使用

ガイドライン ID

2.5.1

重大度

推奨

説明

レート変換をモデル化するには、さまざまな方法があります。レート変換をモデル化する方法により、設計のタイミングおよびリソース要件が決まります。このガイドラインは、レート変換のモデル化のさまざまなアプローチを示します。

サンプルレートの増加-  次の表に、設計のサンプルレートを増加させるために使用できるブロックを示します。これらのブロックを使用する場合は、ブロック パラメーターを既定の設定のままにします。

レート変換方法

ブロックバイパス レジスタを生成するかどうかゼロ パディングを生成するかどうかメモ
Repeat (DSP System Toolbox)いいえいいえこのブロックを使用するには、DSP System Toolbox™ がインストールされていなければなりません。
Rate Transitionいいえいいえなし
Upsample (DSP System Toolbox)はいはいこのブロックを使用するには、DSP System Toolbox がインストールされていなければなりません。このブロックを使用する場合、バイパス レジスタの影響およびハードウェア リソースの使用に対するゼロ パディングのロジックを検討します。

Rate Transition ブロックで、単位遅延を発生させずに入力信号をアップサンプリングするには、Rate Transition ブロックの [ブロック パラメーター] ダイアログ ボックスで次を行います。

  • [データ転送中の整合性を確保] チェック ボックスをオフにします。

    このチェック ボックスをオフにして、[確定的にデータ転送を確保 (最大遅延)] チェック ボックスが消えるようにします。

  • ブロックの出力端子サンプル時間を、入力端子サンプル時間の整数倍に設定します。[サンプル時間の倍数] に小数値 1/n を指定します。ここで n は整数です。[サンプル時間の倍数] で値 1/n を使用している限り、ブロック パラメーター [出力端子のサンプル時間オプション] のどの値でも選択できます。

入力クロックと出力クロックが互いに同期しない場合、Repeat ブロックと Rate Transition ブロックで生成される HDL コードでバイパス レジスタの挿入を避けるには、モデル内の Repeat ブロックと Rate Transition ブロックの後に 1 つの単位遅延を挿入します。

サンプルレートの減少-  サンプルレートを減少させるには、DownSample (DSP System Toolbox) または Rate Transition ブロックを使用できます。Downsample ブロックを使用するには DSP System Toolbox がインストールされていなければなりません。これらのブロックを使用する場合は、ブロック パラメーターを既定の設定のままにします。

入力信号をダウンサンプリングする場合、HDL コード生成のブロック パラメーターを既定の設定のままにできるため、Rate Transition ブロックを使用します。[データ転送中の整合性を確保] および [確定的にデータ転送を確保 (最大遅延)] チェック ボックスを選択したままにしなければなりません。このモードでは、HDL コードに追加のバイパス レジスタが生成されます。

サンプルレートを減少させる場合、ブロックの [初期条件] パラメーターを使用します。コード ジェネレーターがサンプルレートを増加させる場合、このパラメーター設定は使用されません。

Constant ブロックの離散および有限サンプル時間の使用

ガイドライン ID

2.5.2

重大度

必須

説明

既定では、Constant ブロックのサンプル時間は inf です。inf のサンプル時間をもつ Constant ブロックを設計の他のブロックに接続すると、速度と面積の最適化が妨げられます。リタイミング、共有およびストリーミングなどの最適化では、速度および設計の面積を改善するためにクロック レート情報が使用されます。

Constant ブロックを使用して、ブロックのサンプル時間を -1 に設定します。設計で無限大のサンプル時間をもつ Constant ブロックを識別するには、Simulink® モデル ウィンドウで、[デバッグ] タブの [情報のオーバーレイ][サンプル時間] セクションで、[色] を選択します。[サンプル時間の凡例] に、サンプル時間が InfConstant ブロックが表示されます。

次の方法のいずれかを使用して、すべての Constant ブロックを特定してサンプル時間を -1 に変更できます。

参考

関数

関連するトピック