Main Content

関数による fimath の使用法

追加された fimath を使用した後に破棄する関数

関数メモ:
conv, filter追加された fimaths が異なる場合はエラー。
mean, median

追加された fimath を無視して破棄する関数

関数メモ
accumneg, accumpos
  • 既定では、Floor 丸め手法と Wrap オーバーフローを使用

add, sub, mpy
  • 入力の fi オブジェクトに追加されたすべての fimath オブジェクトをオーバーライドして破棄

  • add(F, a, b) のように、入力 F からの fimath を使用

CORDIC 関数 (MATLAB での CORDIC アルゴリズムを参照)

CORDIC 関数は独自の内部 fimath を使用します。

  • 丸めモード — 負方向の丸め

  • オーバーフロー アクション — ラップ

mod
qr
quantizequantizer オブジェクトに数学設定を使用し、入力のすべての fimath 設定を無視して破棄します。
三角関数 — atan2cossin

計算をしない関数

関数メモ
組み込み型 — int32int64int8uint16uint32uint64uint8出力のすべての fimath 設定を無視します。新しいデータ型をキャストする場合、常に丸め手法 Round を使用します。出力は fi オブジェクトではないので、追加された fimath はありません。
bitsll, bitsra, bitsrlOverflowAction および RoundingMethod は無視され、ビットは末尾が欠落します。
bitshiftRoundingMethod は無視されますが、OverflowAction プロパティは維持されます。