Main Content

uint32

fi オブジェクトの組み込み uint32 での格納整数値

構文

c = uint32(a)

説明

c = uint32(a) は、fi オブジェクト a の実際値に基づいて、その組み込み uint32 の値を返します。必要に応じて、データは最も近い整数への丸めと飽和により、uint32 に収められます。

以下の例では、fi オブジェクトの uint32 値を説明します。

a = fi([-pi 0.5 pi],0,32);
c = uint32(a)

c =

   0    1    3

拡張機能

C/C++ コード生成
MATLAB® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

HDL コード生成
HDL Coder™ を使用して FPGA 設計および ASIC 設計のための Verilog および VHDL のコードを生成します。

バージョン履歴

R2006a より前に導入