Main Content

C コード構造のモデル化パターン

特定の C 構造を生成するモデル化パターンの適用

いくつかの標準的な方法を使用して、生成コード内で特定の C 構造体を生成するモデルを設定できます。ブロック、S-Function、Stateflow チャート、MATLAB Function ブロック、データ オブジェクトおよびカスタム ストレージ クラスを使用して、データ型、構造体、配列、制御フロー構造、関数、プリプロセッサ命令およびポインターなどの C 構造体を生成できます。開始するには、Prepare a Model for Code Generationを参照してください。業界標準、ガイドラインおよびブロックの使用法も参照してください。

トピック

タイプ、演算子、式

フロー制御

  • If-Else
    Use a Switch block, a Stateflow Chart, or MATLAB Function block to create an if-else statement in the generated code.
  • Switch
    Use a Switch Case block or MATLAB Function block to create an switch statement in the generated code.
  • For Loop
    Use a For-Iterator Subsystem block, Stateflow Chart, or MATLAB Function block to create a for loop in the generated code.
  • While Loop
    Use a White Iterator Subsystem block, Stateflow Chart, or MATLAB Function block to create a while loop in the generated code.
  • Do While Loop
    Use a While Iterator Subsystem block or Stateflow Chart to create a do while loop in the generated code.

関数

  • Function Call
    To generate a function call, add a subsystem, which implements the operations that you want.
  • Function Prototyping
    Create a function call using graphical functions or function prototype control.
  • External C Functions
    Integrate legacy C functions in the generated code by either creating an S-function or making a call to an external C function.

プリプロセッサ命令

構造体

配列

ポインター

  • Pointers
    Generate code that accesses data from your handwritten code through a pointer.