Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

カスタム統合

統合のパスおよび方法の選択と適用

コード ジェネレーターには、レガシ コードやカスタム コードを生成されたコードと統合するためのさまざまな方法が用意されています。"レガシ コード" は、コード ジェネレーターによって生成されたコードと統合する、既存の手書きコードまたは環境用のコードです。"カスタム コード" は、コード ジェネレーターのビルド プロセス内に含めるレガシ コードまたはユーザーが指定したその他のコード行です。集合的にレガシ コードとカスタム コードを "外部コード" と呼びます。

既存の外部コードをコード ジェネレーターによって生成されたコードにインポートするか、生成されたコードを既存の外部コード ベースにエクスポートするか、その両方を行うことにより外部コードを統合できます。たとえば、外部関数の呼び出しやレガシ コード ツールの使用によりコードをインポートしたり、Custom Code ブロックをモデルに含めることで生成されたコードの特定の位置に外部コードを配置したりできます。外部コードをインポートすると、その結果生成されたコードは生成されたスケジューリング コードとインターフェイスを取ります。

生成されたコードをプラグイン関数としてエクスポートし、外部開発環境で使用できます。生成されたコードをエクスポートする場合、アプリケーションのランタイム環境でそのコードとスケジュール メカニズムとのインターフェイスを手動で取ることになります。

アプリケーションの要件に基づいてアプローチを選択する方法の詳細については、Choose an External Code Integration Workflowを参照してください。

ブロック

すべて展開する

Model Header外部ヘッダー コードを指定
Model Source外部ソース コードを指定
System Derivatives外部システム派生コードを指定
System Disable外部システム無効化コードを指定
System Enable外部システム有効化コードを指定
System Initialize外部システム初期化コードを指定
System Outputs外部システム出力コードを指定
System Start外部システム起動コードを指定
System Terminate外部システム終了コードを指定
System Update外部システム更新コードを指定

トピック

入門

What Is External Code Integration?

What external code integration is.

Choose an External Code Integration Workflow

For application integration points, characterize external code, identify code generation integration requirements, and choose a workflow.

External Code Integration Examples

Examples that show scenarios of external code integration with the Legacy Code Tool.

Untrusted Custom Code, Custom Targets, and Callbacks

Use of untrusted custom code entails risk.

生成コードへの外部コードのインポート

シミュレーションおよびコード生成のための再利用可能な外部アルゴリズム コードの呼び出し

ハードウェアに依存しない再利用可能な外部算術コードをアルゴリズム コードから呼び出す。

Place External C/C++ Code in Generated Code

Place C/C++ code into code generated for a model.

Call External Device Drivers

Call external device drivers from generated code.

Apply Function and Operator Code Replacements

Configure the code generator to replace functions and operators for alignment with external code or run-time environment requirements.

Deploy Generated Standalone Executable Programs To Target Hardware

Generate standalone executable programs that do not require an external real-time executive or operating system.

Deploy Generated Component Software to Application Target Platforms

Run an executable program with a target support package for Linux®, Microsoft® Windows®, or Wind River® VxWorks® operating systems.

Simulink 環境内での統合コードのビルド

サポート ファイルと制御モデルのコード生成およびビルドを Simulink 環境内に追加する。

外部コードへの生成コードのエクスポート

外部コード ベースにエクスポートするコンポーネント ソース コードの生成

モデル コンポーネントから生成する C/C++ ソース コードを、Simulink® 環境外で作成されたコードと統合する。

Generate Shared Library for Export to External Code Base

Build a shared library from a model component and export the library to an application for system simulation, software reuse, or intellectual property protection. Requires an Embedded Coder license.

Exchange Data Between External Calling Code and Generated Code

When you export the generated code into your external code, exchange signal, state, and parameter data.

Integrate External Application Code with Code Generated from PID Controller

Generate code that matches the data interfaces, appearance, and organization of external code.

Simulink 環境外での統合コードの作成

生成コードを外部ビルド プロセスで呼び出すために必要なファイルとインターフェイスを特定します。

データ インターフェイスとコード インターフェイスの制御

How Generated Code Exchanges Data with an Environment

The generated code exchanges signal, state, and parameter data with the calling environment through a data interface.

Control Data and Function Interface in Generated Code

Control how generated code exchanges data with a calling environment.

Design Data Interface by Configuring Inport and Outport Blocks

Customize the data interface of a model to enable integration of the generated code with your own code and to improve code traceability and readability.

Configure Entry-Point Function Interfaces for Simulink Function and Function Caller Blocks

Customize entry-point function names and step function arguments for Simulink Function and Function Caller blocks.

モデルのエントリポイント関数に対する C コード生成の構成

生成された C エントリポイント関数、構成オプション、それらとインターフェイスをとる方について学習する。

生成される C++ クラス インターフェイスのカスタマイズ

[C++ クラス] のコード インターフェイスのパッケージ化を使用して、Simulink モデルから生成されたコードに C++ クラス インターフェイスを提供する。

Configure Generated Code According to Interface Control Document Specifications

Configure code generation settings for a model according to specifications from an interface control document.

データの配置と保存

Exchange Data Between External C/C++ Code and Simulink Model or Generated Code

Configure the signals, states, and parameters in a Simulink model to match the data interface of your existing C code.

Exchange Structured and Enumerated Data Between Generated and External Code

Generate code that you can compile together with existing, external code. The bodies of code exchange structured and enumerated data.

Reuse Parameter Data from External Code in the Generated Code

Generate code that imports parameter data from your external code.

Import Parameter Data with Conditionally Compiled Dimension Length

Generate code that imports an array parameter whose dimension lengths your external code sets with macros (#define).

Access Structured Data Through a Pointer That External Code Defines

Generate code that accesses parameter data through a structure pointer that handwritten code defines.

その他の統合要件と適合するように生成されたコードを制御する

Generate Code That Matches Appearance of External Code

Configure how the code generator applies identifiers (symbols), comments, code styles, code format, and organization.

Replace and Rename Data Types to Conform to Coding Standards

Conform to the coding standards of your organization by replacing and renaming the default Simulink Coder™ data type aliases, such as real_T, which the generated code uses to define data.