Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

直方体シナリオ シミュレーション

直方体ベースのシナリオと、レーダー、カメラ、および LiDAR センサー モデルからの検出を使用して、自動運転アルゴリズムをテスト

自動運転システムを開発するには、現実的な交通シナリオからのセンサー データが必要です。シミュレートされたドライビング シナリオから合成センサー検出を生成することで、コントローラーまたはセンサー フュージョン アルゴリズムを迅速にテストし、シナリオを調整できます。まず、ドライビング シナリオ デザイナー アプリを使用して、単純な直方体 (箱型) シナリオおよび統計的なレーダー、カメラ、および LiDAR センサー モデルを作成します。次に、構築したシナリオおよびセンサー モデルを使用して、次のタスクを実行できます。

  • 合成センサー検出を生成し、出力を解析する。

  • シナリオ コードを MATLAB® にエクスポートし、複数のバリエーションのシナリオをプログラムで生成する。

  • シナリオおよびセンサーを Simulink® にエクスポートし、それを使用して運転アルゴリズムをテストする。

  • シナリオを ASAM OpenDRIVE® および ASAM OpenSCENARIO® ファイル形式にエクスポートする。

カテゴリ