Main Content

C++ mwArray API 共有ライブラリの統合

mwArray API を使用してパッケージ化された MATLAB® 関数を作成し C++ アプリケーションに統合する

C++ mwArray API は C++03 の機能のみをサポートします。mwArray API を使用する C++ 共有ライブラリのインターフェイスは、C スタイルの関数を使用して MATLAB Runtime の初期化、パッケージ化された MATLAB 関数の MATLAB Runtime への読み込み、および C++ ドライバー コードと MATLAB Runtime の間で渡されるデータの管理を行います。これらの関数は C/C++ API で説明されています。C++ mwArray API の下にリストされている関数は mwArray API に固有であり、他の API 用に作成された共有ライブラリには使用できません。

関数

compiler.build.cppSharedLibraryC++ 共有ライブラリの作成
compiler.build.CppSharedLibraryOptionsC++ 共有ライブラリのビルド オプション
mbuildCompile and link source files against MATLAB generated shared libraries

C/C++ API

mclmcrInitializeInitialize the MATLAB Runtime proxy library
mclInitializeApplication現在のプロセスで作成されたすべての MATLAB Runtime インスタンスによって共有されるアプリケーション状態の設定
mclTerminateApplicationClose MATLAB Runtime-internal application state
<library>Initialize[WithHandlers]Initialize MATLAB Runtime instance associated with library
<library>TerminateFree all resources allocated by MATLAB Runtime instance associated with library
mclRunMainMechanism for creating identical wrapper code across all platforms
mclIsMCRInitializedDetermine if MATLAB Runtime has been properly initialized
mclWaitForFiguresToDieEnable deployed applications to process graphics events so that figure windows remain displayed
mclGetLastErrorMessageLast error message from unsuccessful library initialization or MATLAB function call
mclGetLogFileNameRetrieve name of log file used by MATLAB Runtime
mclIsJVMEnabledDetermine if MATLAB Runtime was started with instance of Java Virtual Machine (JVM)
mclIsNoDisplaySet-nodisplay モードが有効かどうかを判定

C++ mwArray API

mwArrayClass used to pass input/output arguments to C++ functions generated by MATLAB Compiler SDK
mwExceptionException type used by the mwArray API and the C++ interface functions
mwStringString class used by the mwArray API to pass string data as output from certain methods

トピック

C++ mwArray API 共有ライブラリの作成と実装

C++ 共有ライブラリと C++ ドライバー アプリケーションの統合

Mac OS X

MATLAB Runtime

C++ 共有ライブラリのトラブルシューティング