Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

datetime 配列のコード生成

datetime 配列の値は、先発 ISO 暦を使用した時点を表します。

コード生成で datetime 配列を使用する場合は、次の制限に従ってください。

コード生成用の datetime 配列の定義

コード生成用に、関数 datetime を使用して datetime 配列を作成します。たとえば、MATLAB® 関数への入力引数が数値配列で、その値がある時点の年、月、日、時、分、秒の各成分を示すとします。これらの入力配列から datetime 配列を作成できます。

function d = foo(y,mo,d,h,mi,s) %#codegen
    d = datetime(y,mo,d,h,mi,s);
end

datetime 配列で許容される演算

コード生成では、次の表に示す datetime 配列に対する演算に制限されます。

演算メモ

代入演算子: =

d = datetime(2019,1:12,1,12,0,0);
d(1) = datetime(2019,1,31);

コード生成では次に対する代入演算子 = の使用はサポートされません。

  • 要素の削除。

  • datetime 配列のサイズの拡張。

関係演算子: < > <= >= == ~=

d = datetime(2019,1:12,1,12,0,0);
tf = d(1) < d(2);

コード生成では関係演算子がサポートされます。

インデックス演算

d = datetime(2019,1:12,1,12,0,0);
idx = [1 2];
d(idx);
idx = logical([1 1 0]);
d(idx);

コード生成では位置によるインデックス付け、線形インデックス付け、論理インデックス付けがサポートされます。

連結

d1 = datetime(2019,1:6,1,12,0,0);
d2 = datetime(2019,7:12,1,12,0,0);
d = [d1 d2];

コード生成では datetime 配列の連結がサポートされます。

datetime 配列をサポートする MATLAB ツールボックス関数

コード生成では、次の MATLAB ツールボックス関数で datetime 配列を使用できます。

関連するトピック