Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

datetime 配列入力の定義

コマンド ラインまたは MATLAB® Coder™ アプリで datetime 配列入力を定義できます。前提条件 (assert ステートメント) を使用した datetime 入力の型のプログラムによる指定はサポートされません。

コマンド ラインでの datetime 配列入力の定義

次のいずれかの手順を使用します。

または、サンプル入力を使用してエントリポイント関数を呼び出すテスト ファイルがある場合は、coder.getArgTypes を使用して入力の型を指定できます。

datetime 配列入力の例の提供

-args オプションを使用します。

D = datetime(2019,1:12,1,12,0,0);
codegen myFunction -args {D}

datetime 配列の型の提供

datetime 配列の型を codegen に提供するには次のようにします。

  1. datetime 配列を定義します。次に例を示します。

    D = datetime(2019,1:12,1,12,0,0);
    

  2. D から型を作成します。

    t = coder.typeof(D);
    

  3. -args オプションを使用して、型を codegen に渡します。

    codegen myFunction -args {t}
    

定数 datetime 配列入力の提供

datetime 配列入力が定数であることを指定するには、-args オプションを指定して coder.Constant を使用します。

D = datetime(2019,1:12,1,12,0,0);
codegen myFunction -args {coder.Constant(C)}

MATLAB Coder アプリでの datetime 配列入力の定義

次のいずれかの手順を使用します。

参考

| | |

関連するトピック