MathWorks、MATLABおよびSimulinkのRelease 2020bを発表

Simulinkへのアクセス方法の拡大や、 新製品、メジャーアップデート、および数百の新機能を導入

Natick, Massachusetts, United States - (2020年9月22日)

MathWorks は本日、MATLAB およびSimulink製品ファミリのRelease 2020bを発表しました。MATLABの新機能では、グラフィックスやアプリの作業を簡略化し、Simulinkのアップデートでは、Web ブラウザーからのアクセスを可能にする Simulink Online をリリースするなど、アクセスの拡大や処理速度の向上に焦点を当てています。また、R2020bでは、AI(人工知能) 機能に基づくシステムの構築や自律システム開発の高速化、自動運転シミュレーション用の3Dシーン設計の高速化を実現する新製品も追加されています。詳細は、Release 2020bのビデオをご覧ください。

MATLAB には、主に、新しいバブルチャートおよびswarmチャート、MATLAB比較ツールを使用したApp Designerアプリの差分の取得およびマージ機能、MATLABアプリにカスタマイズ可能なFigureアイコンとコンポーネントが追加されました。また、R2020bでは、Webブラウザー経由でSimulinkモデルの表示、編集、シミュレーションを行うSimulink Onlineに加え、Simulinkの参照モデル階層のコード生成を最大2倍高速化する機能や、継続的インテグレーション ワークフローの自動化をサポートする新しい自動マージ機能が導入されています。   

Release 2020bで追加された新製品および強化された主なアップデートと製品機能は以下の通りです。

  • AIとディープラーニング

新製品Deep Learning HDL Toolboxは、アルゴリズム開発者やハードウェア設計者向けに、FPGAやSoC上でディープラーニング ネットワークをプロトタイプ化して実装するための機能やツールを提供します。また、サポート対象のXilinxや、Intel FPGAおよびSoCデバイス上で様々なディープラーニング ネットワークを実行するための事前構築済みのビットストリームが用意されています。プロファイリング ツールおよび推定ツールを使用して、設計、性能、リソース使用量のトレードオフを検討することにより、ディープラーニング ネットワークのカスタマイズが容易になります。エンジニアは、Deep Learning HDL Toolboxを使用することで、ディープラーニング ネットワークのハードウェア実装をカスタマイズできるほか、HDL CoderおよびSimulinkを使用して任意のFPGA上に展開するための移植可能かつ論理合成可能なVerilogおよびVHDLコードを生成できます。

Deep Learning Toolboxでは、R2020bから画像分類およびネットワーク予測ブロックを備えたSimulinkをサポートしており、ディープラーニング モデルのシミュレーションとコード生成を行うことができます。実験マネージャーアプリのアップデートでは、複数のディープラーニング ネットワークの並列学習とベイズ最適化を用いたハイパーパラメーターの調整が可能になりました。ディープ ネットワーク デザイナー アプリでは、画像分類、セマンティック セグメンテーション、多入力、メモリ不足、画像-画像回帰、その他のワークフローのためのネットワークの学習が可能になりました。

  • 自律システム

R2020bでは、自律システム向けに2つの新製品と1件のメジャーアップデートが追加されました。Lidar Toolboxには、Lidar処理システムの設計、解析、およびテストのためのアルゴリズム、関数、アプリが用意されています。UAV Toolboxは、無人航空機 (UAV) やドローン アプリケーションの設計、シミュレーション、テスト、展開のためのツールやリファレンス アプリケーションを提供します。Sensor Fusion and Tracking Toolboxのアップデートでは、グリッドベースのランダム有限集合(RFS)トラッカーを使用したオブジェクトの追跡機能と、地球中心のウェイポイントを使用した軌跡の作成機能が追加されました。

  • 自動車

自動車業界向けに、RoadRunner製品ファミリの一部として、HDマップから道路ネットワークを自動生成する新製品、RoadRunner Scene Builderが追加されました。AUTOSAR Blocksetのアップデートでは、ARXMLファイルのインポートおよびエクスポートと、AUTOSAR準拠のCコードの生成にスキーマバージョン4.4 を使用できるようになりました。また、AdaptiveモデルのためのLinux実行ファイルも提供しています。このファイルは、スタンドアロン アプリケーションとして実行可能な AUTOSAR Adaptive実行ファイルを作成するのに役立ちます。Vehicle Dynamics Blocksetには、3つの車軸を持つ6DOFトレーラーや車両を実装する機能と、Unreal Engine 3D環境でトラクターやトレーラーを可視化する機能を提供するSimulink 3Dブロックが追加されました。

R2020bはこちらからダウンロード可能です。MATLABおよびSimulink製品ファミリに関するすべての新製品、拡張機能、およびバグ修正の詳細については、R2020bのハイライトページをご覧ください

MathWorks について

MathWorks (マスワークス) は、数学的計算で業界をリードする世界的なソフトウェア 開発会社です。MATLAB は、エンジニアや科学者の Language of Technical Computing (技術計算言語) として、アルゴリズム開発、データ解析、視覚化、数値計算のためのプログラミング環境を提供します。Simulink は、マルチドメインおよび組込みエンジニアリングシステムのシミュレーションとモデルベース デザインのためのブロック線図環境です。 世界中のエンジニアや科学者が、自動車、航空宇宙、エレクトロニクス、金融機関、生命工学、製薬などの産業分野において、発見、革新、開発を加速させるためのツールとしてこれらのプロダクト ファミリを活用しています。また、MathWorksの製品は、教育および研究に欠かせないツールとして、 世界各国の大学や教育機関において活用されています。MathWorksは 1984 年に創業、現在は、マサチューセッツ州ネイティックを本拠地とし、世界の16カ国以上で 5000 名以上の従業員が活躍しています。詳細については jp.mathworks.com をご覧ください。

MATLAB and Simulink are registered trademarks of The MathWorks, Inc. See jp.mathworks.com/trademarks for a list of additional trademarks. Other product or brand names may be trademarks or registered trademarks of their respective holders.