Clarke-Park 変換(クラーク・パーク変換)

Clarke-Park 変換をモーター制御に実装

Clarke-Park 変換は、三相 AC マシン (モーター、ジェネレーター) のベクトル制御 (磁界方向制御) で一般的に使用されています。Clarke 変換 (クラーク変換) は、三相システム (abc 座標系) の時間領域の信号を、2 つの直交座標系 (αβ) の信号に変換します。Park 変換 (パーク変換) は、αβ 座標系における 2 つの信号を、回転座標系 (dq) の信号に変換します。これら 2 つの変換を続けて実施することで、AC 電流波形と電圧波形を DC 信号に変換する計算を簡単に行うことができます。

三相システムの時間領域の信号 (abc 座標系)

Clarke 変換 (αβ) した結果の信号

Park 変換 (dq) した結果の信号

ベクトル制御を開発して実装するための効率的なプロセスは、シミュレーション環境で制御アルゴリズムを設計してテストし、リアルタイム テストと実装のためのC または HDL コードを生成することです。

モーター制御エンジニアは Simulink® 使用して、次のことが可能です。

  • 三相の同期マシンおよび非同期マシンなどの、インバーターなどの パワー エレクトロニクス回路と様々なタイプのモーターをモデル化してシミュレーション。
  • Clarke-Park 変換の演算効率の良い実装などの、モーター制御アルゴリズムの設計とシミュレーション。
  • モーター、インバーター、およびコントローラーの閉ループ シミュレーションを実施して、正常および異常の動作シナリオでのシステム性能をテスト。
  • ラピッド プロトタイピング、ハードウェアインザループ テスト、および実機環境への実装のために、ANSI、ISO、またはプロセッサ最適化された C コードおよび HDL を自動生成。

Clarke-Park 変換が実装された PMSM 電流コントローラーのモデル

Simulink による磁界方向制御

対話型の例やチュートリアルを通して基本的なタスクからより高度な操作まで習得できます。

無料評価版を入手する

30 日間の無料評価版はこちら