ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

回帰学習器

教師あり機械学習を使用して、データを予測するように回帰モデルに学習をさせる

説明

回帰学習器アプリは、回帰モデルにデータ予測を学習させます。このアプリを使用すると、データの調査、特徴量の選択、検定方式の指定、モデルの学習、および結果の評価を行うことができます。自動化された学習を実行して、線形回帰モデル、回帰木、ガウス過程回帰モデル、サポート ベクター マシン、回帰木のアンサンブルなど、最適な回帰モデルのタイプを探索できます。

教師あり機械学習を実行するには、既知の入力データの観測値のセット (予測子) と既知の応答を指定します。この観測値を使用してモデルに学習をさせ、新しい入力データへの予測応答を生成させます。モデルに新しいデータを使用したり、プログラムによる回帰について学ぶには、モデルをワークスペースにエクスポートするか、学習済みのモデルを再作成する MATLAB® コードを生成します。

必要な製品

  • MATLAB

  • Statistics and Machine Learning Toolbox™

メモ: MATLAB Online™ の回帰学習器では、ファイルからのデータ インポート、コード生成、並列的なモデル学習は提供されていません。

回帰学習器 アプリを開く

  • MATLAB ツールストリップ: [アプリ] タブの [機械学習] でアプリ アイコンをクリックします。

  • MATLAB のコマンド プロンプト: regressionLearner と入力します。

R2017a で導入