Main Content

多変量回帰

多変量応答変数をもつ線形回帰

関数

mvregress多変量線形回帰
mvregresslike多変量回帰に対する負の対数尤度
polytool対話形式の多項式近似
polyconf多項式信頼区間
plsregress部分最小二乗 (PLS) 回帰

例および操作のヒント

概念

  • 多変量線形回帰

    大規模な高次元データセットは、現代のコンピューターを使った計測や電子データ ストレージにおいて一般的です。

  • 多変量回帰モデルの推定

    多変量線形回帰モデルを mvregress を使用して近似する場合は、最適な名前と値のペアの 'algorithm','cwls' を使用して、最小二乗推定を選択します。

  • 部分最小二乗

    部分最小二乗 (PLS) は、観測された応答値を考慮しつつ、元の予測子変数の線形結合として新しい予測子変数を構築し、信頼できる予測力をもつ倹約モデルを作成します。