Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

コマンド ライン API を使用した、シミュレーションとコード生成のパラメーターの設定

Simulink® モデルの Stateflow® チャートでは、コマンド ライン API を使用して、[モデル コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスのシミュレーションおよび組み込み可能コード生成のオプションを設定できます。

コマンド ラインでのパラメーターの設定

  1. MATLAB® コマンド プロンプトで、以下のように入力します。

    object_name = getActiveConfigSet(gcs)

    このコマンドでは、現在のモデルの [モデル コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスのモデル設定に対するオブジェクト ハンドルが返されます。

  2. このダイアログ ボックスのパラメーターを設定するには、以下のように入力します。

    object_name.set_param('parameter_name', value)

    コンフィギュレーション パラメーターが、指定した値に設定されます。

たとえば、以下のように入力することにより、シミュレーションの [予約名] パラメーターを設定できます。

cp = getActiveConfigSet(gcs)
cp.set_param('SimReservedNameArray', {'abc','xyz'})

メモ

以下のように入力することにより、コンフィギュレーション パラメーターの現在の値を取得することもできます。

object_name.get_param('parameter_name')

get_param (Simulink)set_param (Simulink) の使用に関する詳細については、Simulink ドキュメンテーションを参照してください。

非ライブラリ モデルのシミュレーション パラメーター

次の表は、コマンド ライン API を使用した非ライブラリ モデルのシミュレーションで設定できるパラメーターと値をまとめています。

パラメーターと値ダイアログ ボックスの等価項目説明

SimIntegrity

'off''on'

メモリの整合性を確保MATLAB Function ブロックに対して生成されたコードのメモリ整合性の違反を検出し、診断で実行を停止します。

SFSimEcho

'off''on'

セミコロンなしの式をエコーシミュレーション中に MATLAB コマンド ウィンドウで実行時に出力を表示できるようにします。

SimCtrlC

'off''on'

応答性を確保MATLAB Function ブロックの生成コードで応答性チェックを有効にします。

SimBuildMode

'sf_incremental_build''sf_nonincremental_build''sf_make''sf_make_clean''sf_make_clean_objects'

シミュレーション ターゲットのビルド モードモデルのシミュレーション ターゲットをビルドする方法を指定します。

SimReservedNameArray

string array{}

シンボル、予約名名前が競合するのを避けるために、カスタム コードで指定した変数または関数の名前と一致する、生成コード内の変数または関数の名前を入力します。

SimParseCustomCode

'off''on'

カスタム コードのインポートカスタム コードを解析し、モデル内の C チャートの未解決のシンボルをレポートするかどうかを指定します。

SimCustomSourceCode

string''

ソース ファイル生成されたソース コード ファイルの一番上近くに表示されるコード行を入力します。

SimCustomHeaderCode

string''

ヘッダー ファイル生成されたヘッダー ファイルの一番上近くに表示されるコード行を入力します。

SimCustomInitializer

string''

初期化関数シミュレーションの開始時に 1 回実行されるコード ステートメントを入力します。

SimCustomTerminator

string''

終了関数シミュレーションの終了時に実行されるコード ステートメントを入力します。

SimUserIncludeDirs

string''

インクルード ディレクトリ

コンパイル ターゲットにインクルードするファイルを含んだフォルダー パスのリストをスペースで区切って入力します。

メモ

スペースを含んだ Windows® パスがリストに含まれている場合、次に例示するように、各インスタンスを引数内において二重引用符で囲まなければなりません。

'C:\Project "C:\Custom Files"'

SimUserSources

string''

ソース ファイルコンパイルしてターゲットにリンクするソース ファイルのリストをスペースで区切って入力します。

SimUserLibraries

string''

ライブラリターゲットにリンクするカスタム オブジェクト コードを含むスタティック ライブラリのリストをスペースで区切って入力します。

ライブラリ モデルのシミュレーション パラメーター

次の表は、ライブラリ モデルに適用されるシミュレーション パラメーターをまとめています。

パラメーターと値ダイアログ ボックスの等価項目説明

SimUseLocalCustomCode

'off''on'

ローカルなカスタム コード設定を使用 (メイン モデルから継承しません)ライブラリ モデルで、そのライブラリがリンクしているメイン モデルから一意のカスタム コード設定を使用できるかどうかを指定します。

SimCustomSourceCode

string''

ソース ファイル生成されたソース コード ファイルの一番上近くに表示されるコード行を入力します。

SimCustomHeaderCode

string''

ヘッダー ファイル生成されたヘッダー ファイルの一番上近くに表示されるコード行を入力します。

SimCustomInitializer

string''

初期化関数シミュレーションの開始時に 1 回実行されるコード ステートメントを入力します。

SimCustomTerminator

string''

終了関数シミュレーションの終了時に実行されるコード ステートメントを入力します。

SimUserIncludeDirs

string''

インクルード ディレクトリ

コンパイル ターゲットにインクルードするファイルを含んだフォルダー パスのリストをスペースで区切って入力します。

メモ

スペースを含んだ Windows パスがリストに含まれている場合、次に例示するように、各インスタンスを引数内において二重引用符で囲まなければなりません。

'C:\Project "C:\Custom Files"'

SimUserSources

string''

ソース ファイルコンパイルしてターゲットにリンクするソース ファイルのリストをスペースで区切って入力します。

SimUserLibraries

string''

ライブラリターゲットにリンクするカスタム オブジェクト コードを含むスタティック ライブラリのリストをスペースで区切って入力します。

関連するトピック