Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

モデル用のコード生成パラメーターのプログラムによる構成

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスまたは MATLAB® コマンド ラインから、アクティブなコンフィギュレーション セットのコード生成パラメーターを変更できます。コマンド ラインによるアプローチを使用して、確立されたモデル コンフィギュレーションのパラメーターの設定を自動化するスクリプトを作成します。

[実行効率性] をサポートするためのパラメーターの変更

この例では、コード生成アドバイザーにおけるアプリケーションの目的である [実行効率性] をサポートするように、コンフィギュレーション パラメーターを変更します。

手順 1. モデルを開きます。

slexAircraftExample

手順 2.アクティブなコンフィギュレーション セットを取得します。

cs = getActiveConfigSet(model);

手順 3.Generic Real-Time (GRT) ターゲットを選択します。

switchTarget(cs,'grt.tlc',[]);

手順 4.実行速度を最適化するためにパラメーターを変更します。

アプリケーションの目的が [実行効率性] であれば、set_param を使用して以下のパラメーターを変更します。

set_param(cs,'MatFileLogging','off');
set_param(cs,'SupportNonFinite','off');
set_param(cs,'RTWCompilerOptimization','on');
set_param(cs,'OptimizeBlockIOStorage','on');
set_param(cs,'EnhancedBackFolding','on');
set_param(cs,'ConditionallyExecuteInputs','on')
set_param(cs,'DefaultParameterBehavior','Inlined');
set_param(cs,'BooleanDataType','on');
set_param(cs,'BlockReduction','on');
set_param(cs,'ExpressionFolding','on');
set_param(cs,'LocalBlockOutputs','on');
set_param(cs,'EfficientFloat2IntCast','on');
set_param(cs,'BufferReuse','on');

手順 5.モデル コンフィギュレーションをファイルに保存します。

モデル コンフィギュレーションをファイル 'Exec_efficiency_cs.m' に保存し、パラメーター設定を表示します。

saveAs(cs,'Exec_Efficiency_cs');
dbtype Exec_Efficiency_cs 1:50

関連するトピック