Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

コード生成アドバイザーを使用したアプリケーションの目的

効率性やデバッグなどのアプリケーションの目的を、モデル コンフィギュレーション セットでコード生成オプションにマッピングする方法を検討します。[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスで設定するパラメーターは、シミュレーションでのモデルの動作とモデル用に生成されるコードを指定します。

コード生成アドバイザーを使用してコードを生成する前にモデルを確認するか、コード生成プロセスの一環としてモデルを確認できます。コードを生成する前にモデルを確認する場合、コード生成アドバイザーの確認対象となるモデル、サブシステムまたは参照モデルを指定します。コード生成プロセスの一環としてモデルを確認する場合、コード生成アドバイザーはシステム全体を確認します。コード生成アドバイザーはモデル コンフィギュレーション パラメーターの推奨設定のまとめの情報を使用して、目的を満たすパラメーター値を決定します。ERT ベースのターゲットをもつモデルの目的を設定するには、Configure Model for Code Generation Objectives Using Code Generation Advisor (Embedded Coder)を参照してください。

コード生成の目的を設定し、コード生成アドバイザーを実行すると、モデルのコード生成の目的を達成する方法について、情報が提供されます。コード生成アドバイザーによって、生成されたコードは変更されません。コード生成アドバイザーを使用すると、提案された変更をモデルに加えることができます。生成されたコードは、モデルを変更してコードを再生成した場合にのみ、変更されます。コード生成アドバイザーを使用してコード生成の目的を設定し、モデルをチェックすると、生成されたコードには、指定した目的、コード生成アドバイザーによってモデルで実行されたチェック、チェックを実行した結果を示すコメントが含まれます。

モデルでコンフィギュレーション参照を使用する場合、コード生成アドバイザーを実行してコンフィギュレーション パラメーター設定を確認できます。ただし、コード生成アドバイザーではコンフィギュレーション パラメーター設定を変更できません。

高水準なコード生成の目的

モデルが表現するアプリケーションの種類によっては、特定のコード生成の大まかな目的を考慮することがあります。たとえば、デバッグが効率的な実行よりも重要な場合があります。特定の目的を考慮している場合、モデルがこれらの目的を達成するようにすばやく設定するには、該当する目的を次のコード生成の目的から選択します。

  • 実行効率性 - 実行時間が短縮されるようにコード生成設定を構成します。

  • デバッグ - コード生成ビルド プロセスをデバッグするようにコード生成設定を構成します。

ERT ベースのターゲットをもつモデルに設定できる目的のリストについては、High-Level Code Generation Objectives (Embedded Coder)を参照してください。

コード生成アドバイザーを使用したコード生成の目的に合わせたモデルの設定

この例では、コード生成アドバイザーを使用してコード生成の目的を満たすようにモデルのチェックと設定を行う方法を示します。

  1. [C コード] タブで、[C/C++ コード アドバイザー] をクリックします。

  2. [システム セレクター] ウィンドウで、評価するモデルまたはサブシステムを選択し、[OK] をクリックします。

  3. コード生成アドバイザーの [コード生成の目的] ペインで、ドロップダウン リストからコード生成の目的を選択します (GRT ベースのターゲットの場合)。目的を選択すると、コード生成アドバイザーの左ペインで、モデルに対して実行されるチェックの一覧が更新されます。モデルが ERT ベースのターゲット用に構成される場合は、より多くの目的の中から選択できます。

  4. [選択したチェックを実行] をクリックすると、コード生成アドバイザーの左ペインに表示されるチェックが実行されます。

  5. [コード生成アドバイザー] ウィンドウで、左ペインから [コード生成の目的に対するモデル コンフィギュレーションをチェック] を選択して、その結果を確認します。チェックの結果は右ペインに表示されます。

    [コード生成の目的に対するモデル コンフィギュレーションをチェック] の結果、次の問題について警告が表示されます。

    • パラメーターが、指定したコード生成の目的の推奨値以外の値に設定されています。

    • 選択されているコード生成の目的が、モデルに設定されている目的と異なります。

    [パラメーターの変更] をクリックして、次のように設定します。

    • 指定したコード生成の目的の推奨値をパラメーターに設定します。

    • モデルのコード生成の目的をコード生成アドバイザーで指定されている目的と一致させます。

  6. [コード生成アドバイザー] ウィンドウで、左ペインから残りのチェックを選択して、その結果を確認します。チェックの結果は右ペインに表示されます。

  7. チェック結果を確認したら、警告や失敗を修正できます。修正方法については、モデル アドバイザー チェックの警告またはエラーの修正を参照してください。

実行効率性の目的を指定すると、コード生成アドバイザーに追加のチェックが含まれます。いずれかの追加のチェックに変更を加えると、以前のチェック結果が無効になる可能性があり、再実行しなければならなくなる場合があります。

コード生成の目的に合わせたモデルの設定 ([コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスを使用)

この例では、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスでコード生成の目的をチェックおよび構成する方法を説明します。

  1. [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスを開いて、[コード生成] を選択します。

  2. システム ターゲット ファイルを選択するか、システム ターゲット ファイルの選択を確認します。

  3. [目的の選択] ドロップダウン リストを使用して目的を指定します。

  4. [モデルのチェック] をクリックしてモデルのチェックを実行します。

  5. [システム セレクター] ウィンドウで、評価するモデルまたはサブシステムを選択し、[OK] をクリックします。[コード生成アドバイザー] ダイアログ ボックスが開きます。コード生成アドバイザーは、コード生成の目的を使用して、実行するモデルのチェックを決定します。

  6. 左側のペインに、モデルで実行されたチェックとその結果のリストが表示されます。各警告をクリックすると、モデルがチェックにパスするための変更の提案が表示されます。

  7. モデルに加える変更を決定します。コード生成アドバイザーの右側のペインで、各チェックのリストの指示に従ってモデルに変更を加えます。