最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

コード生成の構成

モデルのコードを生成する準備ができたら、コードの生成に固有のモデル コンフィギュレーション パラメーターを変更できます。コード生成パラメーターは、コード ジェネレーターがコードを生成し、モデルから実行可能プログラムをビルドする方法を決定します。

コード生成のためのモデル コンフィギュレーション パラメーターは、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [コード生成] ペインにあります。[コード生成] ペインとそのサブペインの内容は、指定するターゲットにより変化することがあります。コンフィギュレーション オプションによっては Embedded Coder® 製品でのみ使用可能なものもあります。

アプリケーションの目的には、デバッグ、トレーサビリティ、実行効率性および安全対策のコード生成の目的の組み合わせを含めることができます。これらの構成の選択には、実行速度とメモリ使用量など、トレードオフがあります。アプリケーションの目的を達成するモデルを構成するために、モデル アドバイザーおよびコード生成アドバイザーを使用します。

コード生成のためのモデル構成を開く

コード生成のためのモデル コンフィギュレーション パラメーターを変更するには、[コード生成] ペインを開きます。Simulink エディターから [コード生成] ペインを開くには、次のいくつかの方法があります。

  • [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスを開くには、モデル コンフィギュレーション パラメーター アイコンをクリックします。

    次に、左側のペインで [コード生成] をクリックします。

  • [C コード] タブで、[設定][コード生成設定] を選択します。

  • [モデル化] タブで [モデル エクスプローラー] をクリックするか、MATLAB® コマンド ラインで daexplr と入力し、Enter キーを押します。モデル エクスプローラーの左側ペインで、現在のモデルのノードを展開し、[コンフィギュレーション] ノードをクリックします。[コンテンツ] ペインで、コンフィギュレーションを右クリックして、コンテキスト メニューから [開く] を選択します。次に、左側のペインで [コード生成] をクリックします。

メモ:

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックス内のチェック ボックス、メニュー選択、編集フィールドの値を変更すると、変更した要素の白い背景の色が変わり、変更がまだ保存されていないことを示します。[OK][キャンセル][適用] のいずれかをクリックすると、背景は白に戻ります。

構成ツール

コード生成のためのモデルを構成し、コード生成の目的と比較して確認するために、Simulink® Coder™ および Embedded Coder はいくつかのツールを用意しています。

目的方法詳細
構成を自動化する。MATLAB コマンド ラインで関数 set_param を使用モデル用のコード生成パラメーターのプログラムによる構成
コード生成用のモデルを迅速かつ簡単に構成する。クイック スタート ツール
テンプレートを使用して、独自のブロックを追加できるコード生成用に構成されたモデルを作成する。コード生成テンプレート

プロジェクトでのコードの生成とモデルのシミュレーション

コード生成のためのモデルを構成するために、Simulink ブロックおよび事前定義されたスクリプトまたはカスタムの MATLAB スクリプトを使用する。Code Generation Wizard ブロックConfigure and Optimize Model with Configuration Wizard Blocks (Embedded Coder)
モデルが標準とガイドラインを満たしていることを確認する。モデル アドバイザーモデル アドバイザーを使用したモデルのチェック
モデルがアプリケーションの目的を満たしていることを確認する。コード生成アドバイザーコード生成アドバイザーを使用したアプリケーションの目的

関連するトピック