Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

プロジェクトでのコードの生成とモデルのシミュレーション

この例では、新規プロジェクト用のコード生成テンプレートの使用方法を示します。プロジェクト用のコード生成プロジェクト テンプレートには複数のモデルが含まれます。プロジェクト テンプレートは、コントローラー コードの生成とハーネス モデルのシミュレーションの実行に役立つユーティリティ (.m スクリプト) も提供します。

この例の各操作のプロジェクト API 関数を確認するには、サンプル コードを参照してください。

プロジェクトの作成

コード生成プロジェクトのテンプレートから新しいプロジェクトを作成します。

このプロジェクトを Simulink スタート ページから作成するには、コマンド ウィンドウで以下を入力します。

simulink

スタート ページからコード生成テンプレートを選択し、exampleCodeGen プロジェクトを作成します。

コードの生成

feedback_control.slx モデルのコントローラー コードを生成します。

コントローラー コードを生成するには、[プロジェクトのショートカット] タブを選択し、コントローラー コードの生成ショートカットを選択します。

このショートカットは、プロジェクトの utilities フォルダーにある generate_controller_code.m スクリプトを実行します。このスクリプトは、プロジェクトの controller フォルダーの feedback_control.slx モデルをビルドします。

モデルのシミュレーション

最上位レベルのハーネス feedback_harness.slx モデルをシミュレートします。

シミュレーション用にハーネス モデルを開くには、[プロジェクトのショートカット] タブを選択し、[Feedback Harness] ショートカットを選択します。このショートカットは、プロジェクトの harnesses フォルダーの feedback_harness.slx モデルを開きます。

モデルをシミュレートするには、[実行] をクリックします。

シミュレーション出力の確認

モデル内の Scope ブロックを開き、シミュレーション出力を確認します。

スコープを開いてシミュレーションを確認するには、Simulink ウィンドウで Scope ブロックをダブルクリックします。

依存関係アナライザー ビューの使用

ファイルの依存関係を表示するには、プロジェクトの依存関係アナライザー ビューを使用します。

依存関係アナライザー ビューでは、以下を実行できます。

  • ファイルの依存関係を確認する。

  • 依存関係の矢印にカーソルを合わせて、依存関係のタイプを確認する。

  • ファイルまたはモデルをダブルクリックして開く。

詳細

関連する例