Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

IBM DOORS Next を使用した要件のリンクと追跡

Simulink® モデル要素およびサポートされているモデルベース デザイン アーティファクトを、DOORS® Next の要件をインポートする、または直接のリンクを使用することで、IBM® DOORS Next (以前は IBM DOORS Next Generation、略称 DNG) の要件にリンクして追跡することができます。

IBM DOORS Next から Requirements Toolbox™ に要件をインポートすると、インポートされた要件は、"参照要件" と呼ばれる slreq.Reference オブジェクトになります。DOORS Next で要件が変更された場合、参照要件を更新できます。インポートされた参照要件は、実装の状態、検証の状態、変更の追跡の対象となります。詳細については、IBMDOORS Next からの要件のインポートを参照してください。その後、MATLAB® または Simulink のモデルベース デザイン アーティファクトやその他のリンク可能な項目を、Simulink キャンバスまたは要件エディターで参照要件とリンクできます。Requirements Toolbox の参照要件から DOORS Next の元の要件に移動することもできます。

直接リンクを使用して要件をリンクする場合は、MATLAB または Simulink 内の要件と DOORS Next のアーティファクトの間にリンクを作成します。トレーサビリティ リンクを確立し、MATLAB または Simulink のモデルベース デザイン アーティファクトから DOORS Next の要件に直接移動できます。直接リンクでは、.slreqx ファイルに要件を保存するインポートとは異なり、追加のファイルを作成する必要はありません。ただし、リンク プロセスには追加の設定手順が必要であり、IBM DOORS Next の要件は、実装の状態、検証の状態、変更の追跡など、Requirements Toolbox の解析の対象になりません。

どちらのリンク方法を使用しても、DOORS Next に "バックリンク" を挿入することができます。バックリンクとは、DOORS Next の要件から MATLAB または Simulink のアーティファクトに移動できるリンクです。

IBM DOORS Next セッションの構成

IBM DOORS Next とのインターフェイスをとるには、セッションごとに MATLAB を構成する必要があります。

  1. MATLAB コマンド プロンプトで、次のように入力します。

    slreq.dngConfigure

  2. [DOORS サーバー] ダイアログ ボックスで、DOORS Next にアクセスするときに Web ブラウザーに表示されるとおりに DOORS Next サーバーのアドレス、ポート番号、およびサービス ルートを入力し、[OK] をクリックします。

    Web ブラウザーにポート番号が表示されない場合は、既定の値「443」を入力します。

  3. [サーバー ログイン名] および [サーバー ログイン パスワード] ダイアログ ボックスで、ユーザー名を入力してから [OK] をクリックします。パスワードを入力し、Enter キーを押します。

  4. [DOORS プロジェクト] ダイアログ ボックスで、プロジェクトを選択し、該当する場合には構成コンテキストを選択します。構成コンテキストが [構成ストリームまたは変更セットの選択] リストに表示されない場合は、[<詳細>] を選択して、追加の構成を読み込みます。構成リストにグローバル構成を表示するには、MATLAB コマンド ラインで以下のように入力します。

    rmipref("OslcUseGlobalConfig",true);
    詳細については、rmipref およびIBM DOORS Next の構成の指定および更新を参照してください。

これにより、MATLAB がブラウザーでウィンドウを開いて接続をテストします。接続に成功すると、確認メッセージとともに [MATLAB コネクタ テスト] ダイアログ ボックスが表示されます。[OK] をクリックします。ダイアログが表示されない場合や、「slreq.dngConfigure」と入力した後にエラーが表示される場合は、slreq.dngConfigure を使用する場合のヒントを参照してください。

メモ

IBM DOORS Next 内の要件への直接リンクを作成する場合は、テスト接続のブラウザー ウィンドウを開いたままにする必要があります。Web ブラウザーのこのインスタンスが MATLAB と通信するために認証されているためです。テスト接続のブラウザー ウィンドウを再度開くには、アドレス https://localhost:31515/matlab/oslc/inboundTest をコピーしてブラウザーのアドレス バーに貼り付けます。このブラウザーを使用して IBM DOORS Next プロジェクト内の要件を選択し、直接リンクを作成します。

参照要件とのリンク

このアプローチは、MATLAB または Simulink 内の要件をリンクし、実装、検証、および変更の追跡を Simulink で行う場合に使用します。

最初に、DOORS Next モジュールを選択するか、クエリを作成して要件をインポートします。詳細については、IBMDOORS Next からの要件のインポートを参照してください。

DOORS Next の要件を要件セットにインポートした後は、他の slreq.Reference オブジェクトをリンクするのと同じ方法で、それらの参照要件をリンクできます。たとえば、Simulink モデルまたはテストを開き、モデル要素またはテスト ケースを選択してから、要件エディターで選択した参照要件へのリンクを作成できます。また、要件パースペクティブから要件をクリックしてドラッグすると、Simulink モデルから移動せずにリンクを作成できます。詳細については、以下を参照してください。

Requirements Toolbox にインポートした後に DOORS Next 内の要件を更新した場合、要件セットを更新して変更を反映させることができます。詳細については、参照要件の更新を参照してください。更新によってリンクをもつ参照要件が変更または削除された場合、リンクに変更の問題が生じます。詳細については、要件リンクの変更の追跡を参照してください。

リンクを作成した後に、要件エディターでリンク タイプを編集できます。詳細については、リンク タイプを参照してください。

DOORS Next へのバックリンクの挿入

モジュールで DOORS Next から要件をインポートし、MATLAB または Simulink の項目からインポートされた参照要件へのリンクを作成した場合、次を行うことにより DOORS Next モジュールに手動でバックリンクを挿入できます。

  1. 要件エディターを開きます。MATLAB コマンド プロンプトで、次のように入力します。

    slreq.editor

  2. 要件エディターで、ツールストリップの [リンクの表示] をクリックして、読み込まれたリンク セットを表示します。

  3. DOORS Next モジュールのバックリンクをもたないリンクを含むリンク セットを選択します。リンク セットを右クリックして [バックリンクの更新] を選択します。

  4. ダイアログ ボックスに、既存のバックリンクに対してチェックされたリンクの数と、追加されたバックリンクの数が表示されます。[OK] をクリックします。

要件エディターで要件を選択し、[ドキュメントに表示] をクリックすると、元の要件に移動できます。

DOORS Next の項目をモジュール コンテキスト外で表示する場合は、[Link] ペインを展開します。これにより、[Link to] の下に MATLAB または Simulink へのバックリンクが表示されます。モジュール コンテキスト内で作業する場合は、項目を選択します。右側のペインで [Selected Artifact] を選択し、次に [Artifact Links] を選択します。[Link to] の下にバックリンクが表示されます。

DOORS Next の要件の直接リンク

DOORS Next の要件に直接リンクする場合は、この方法を使用します。直接リンクでは、要件をインポートする必要はありません。

設定が完了したら、項目を右クリックしてコンテキスト メニューを使用するか、[外向きリンク] ダイアログを使用して、直接リンクを確立することができます。

コンテキスト メニューを使用した、選択した要件へのリンク

コンテキスト メニューを使用して DOORS Next 内の要件にリンクする場合、リンクの作成時にバックリンクを挿入することができます。リンクは、モジュール コンテキスト内、および指定されたストリームまたは変更セット内で作成することもできます。モジュール コンテキスト内でリンクを作成してバックリンクを挿入すると、そのバックリンクはモジュール コンテキスト、および指定されたストリームまたは変更セットにも挿入されます。ストリームおよび変更セットの詳細については、IBM DOORS Next の構成の指定および更新を参照してください。コンテキスト メニューを使用して DOORS Next 内の要件にリンクするには、要件エディターと DOORS Next サーバーで追加の設定が必要です。

コンテキスト メニューを使用してリンクを作成するには、まず、選択ベースのリンクが IBM DOORS Next で有効になっていることを確認する必要があります。

  1. MATLAB コマンド プロンプトで以下を入力して、要件エディターを開きます。

    slreq.editor

  2. ツールストリップの [リンク] セクションで、[基本設定] をクリックします。

  3. [要件の設定] ダイアログの [選択内容のリンク] タブにある [有効なアプリケーション] の横で、[DOORS] が選択されていることを確認します。

[MathWorks Requirements Toolbox] ウィジェットを IBM DOORS Next にインストールし、dropins を有効にします。詳細については、Requirements Toolbox と統合するための IBM DOORS Next サーバーの構成を参照してください。ウィジェットが動作していることを確認するには、DOORS Next プロジェクトの [Artifacts] タブで項目を選択し、ウィジェットのコンテンツが想定どおりに更新されていることを確認します。

ヒント

[Mini Dashboard] をページにピン留めして常に表示されるようにすると、選択したどの ID が MATLAB に伝達されているかがわかります。

DOORS Next での選択内容に関する情報を MATLAB が受信していることを確認できます。MATLAB コマンド プロンプトで、次のように入力します。

oslc.selection
返された番号が、DOORS Next ブラウザーで選択した項目の数値 ID に対応していなければなりません。

ウィジェットが動作している場合、コンテキスト メニューを使用すると、Simulink のリンク可能な項目と DOORS Next 間のリンクを作成できます。

  1. DOORS Next プロジェクトで、[Artifacts] タブを選択します。

  2. リンク先とする要件を、その横にあるチェック ボックスをオンにして選択します。選択した要件が、[Mini Dashboard] ペインの [MathWorks Requirements Toolbox] ウィジェットに表示されます。

  3. Simulink で、選択した IBM DOORS Next の要件にリンクする Simulink モデル要素を右クリックします。コンテキスト メニューから [要件][DOORS Next の選択した項目へのリンク] を選択します。

  4. [DOORS リンク ターゲット] ダイアログが表示されます。ウィジェットが想定どおりに機能していれば、[プロジェクト領域] フィールドと [要件 ID] フィールドに選択内容の情報が入力されます。

  5. モジュール コンテキスト内でリンクを作成するには、[モジュール コンテキスト内のリンク] を選択します。次に、[モジュール コンテキスト] を要件が属するモジュールに設定します。

  6. DOORS Next にバックリンクを挿入するには、[バックリンクの挿入] を選択します。モジュール コンテキスト内でリンクが作成されると、バックリンクもモジュール コンテキストに挿入されます。

  7. [OK] をクリックするとリンクが作成され、選択している場合は、バックリンクが挿入されます。

DOORS Next のリンクされた要件に移動するには、同じ Simulink モデルの要素を右クリックして [要件] を選択します。リンクがコンテキスト メニューの最上部に表示されます。

IBM DOORS Next 内のウィジェットが使用できない場合や、セキュリティ制限のために MATLAB と通信できない場合には、DOORS Next で要件を選択せずにリンクを作成できます。

  1. Simulink で、選択した IBM DOORS Next の要件にリンクする Simulink モデル要素を右クリックします。コンテキスト メニューから [要件][DOORS Next の選択した項目へのリンク] を選択します。

  2. [DOORS リンク ターゲット] ダイアログ ボックスが表示されますが、情報は入力されていません。[プロジェクト領域] を作業を行うプロジェクトに設定します。

  3. [要件 ID] フィールドに、リンクする要件の DOORS Next の数値 ID を入力します。

  4. モジュール コンテキスト内でリンクを作成するには、[モジュール コンテキスト内のリンク] を選択します。次に、[モジュール コンテキスト] を要件が属するモジュールに設定します。

    メモ

    モジュール コンテキスト内の要件に対してリンクを作成し、同じモジュール内の要件に対してさらにリンクを作成する場合、そのリンクはモジュール コンテキストに作成されます。

  5. DOORS Next にバックリンクを挿入するには、[バックリンクの挿入] を選択します。モジュール コンテキスト内でリンクが作成されると、バックリンクもモジュール コンテキストに挿入されます。

  6. [OK] をクリックするとリンクが作成され、選択している場合は、バックリンクが挿入されます。

[外向きリンク] ダイアログ ボックスを使用した要件へのリンク

[外向きリンク] ダイアログの [インデックス] タブを使用してリンクを作成する場合、MATLAB とシステム ブラウザーとの間の通信は必要ありません。

  1. IBM DOORS Next の要件にリンクする Simulink モデル要素を右クリックします。

  2. [要件][[外向きリンク] ダイアログを開く] を選択します。

  3. [外向きリンク] ダイアログで、[新規] をクリックし、[ドキュメント タイプ][DNG 要件] に設定します。

  4. [参照] をクリックします。[DOORS プロジェクト] ダイアログ ボックスで、作業を行うプロジェクトを選択します。プロジェクトによっては、構成コンテキストを選択します。構成コンテキストがドロップダウン メニューのリストにない場合は、[<詳細>] を選択して、さらに構成を読み込みます。

  5. 次の手順は、モジュール コンテキストの要件に対してリンクを行うかどうかによって異なります。

    • モジュール コンテキストでリンクを作成する場合、次のようにします。

      1. [ドキュメント インデックス] タブをクリックし、モジュール名のリストを確認します。

      2. リンクするモジュールをダブルクリックします。

      3. リストが更新されたら、リンクする要件を選択します。

    • プロジェクトにモジュールがない場合、またはモジュール コンテキストでリンクを作成しない場合は、DOORS Next のリンク ターゲット要件の数値 ID を [場所] フィールドに入力します。

  6. リンクを作成するには、[OK] または [適用] をクリックしてリンクを作成します。

[外向きリンク] ダイアログの [インデックス] タブを使用してリンクを作成する場合、またはダイアログで ID を入力してリンクを作成する場合、リンクはバックリンクなしで作成されます。リンクの作成後に、バックリンクが欠損している要件のバックリンクを DOORS Next プロジェクトに挿入できます。欠損バックリンクの挿入を参照してください。

欠損バックリンクの挿入

リンクの作成時にバックリンクが挿入されなかった、またはバックリンクが削除されたなどの理由で DOORS Next プロジェクトの要件にバックリンクが含まれていない場合は、次の手順で欠損しているバックリンクを挿入できます。

  1. DOORS Next 内の要件への直接リンクを含む Simulink モデルまたはその他のアーティファクトを開きます。

  2. MATLAB コマンド プロンプトで以下を入力して、要件エディターを開きます。

    slreq.editor

  3. [リンクの表示] を選択して、バックリンクをもたないリンクを含むリンク セットを選択します。

  4. リンク セットを右クリックして [バックリンクの更新] を選択します。[チェックされたバックリンク] ダイアログが表示され、追加された欠損バックリンクの数が表示されます。

メモ

この方法で欠損バックリンクを挿入する場合、リンク先プロジェクトが、現在構成されている DOORS Next プロジェクトと一致するリンク セット内の直接リンクに対してバックリンクが追加されます。リンク セットに他の DOORS Next プロジェクトへのリンクが含まれている場合、それらのリンクは処理されません。他のプロジェクトにバックリンクを挿入するには、他のプロジェクトの MATLAB セッションを再構成した後で、[バックリンクの更新] の手順を再実行する必要があります。

DOORS Next の各バックリンクは、Requirements Toolbox に保存されているリンクからは独立しています。後になって Simulink 内のリンクを削除することにした場合、バックリンクは手動で削除されるまで DOORS Next 内に残ります。DOORS Next のバックリンクを削除しても、その変更は Requirements Toolbox に伝播されません。

さらに、DOORS Next のバックリンクは、Simulink のソース アーティファクトにアクセスできないユーザーを含む、この構成コンテキストのユーザーに表示されます。

バックリンクの更新の詳細については、外部の要件ドキュメントのナビゲーション バックリンクの管理を参照してください。

DOORS Next 要件と直接リンク項目間の移動

MATLAB または Simulink のリンク可能な項目を DOORS Next の要件に直接リンクすると、要件エディターを使用して MATLAB から要件に移動できるようになります。

  1. MATLAB コマンド プロンプトで以下を入力して、要件エディターを開きます。

    slreq.editor

  2. [リンクの表示] を選択して、移動先のリンクを選択します。

  3. [詳細] ペインの [プロパティ] で、[宛先] の横にあるハイパーリンクをクリックすると、DOORS Next 内の要件に移動します。

DOORS Next プロジェクトにバックリンクを挿入した場合は、DOORS Next 内の要件から MATLAB または Simulink 内のリンク先の項目に移動できます。

  1. DOORS Next プロジェクトの目的のストリームまたは変更セットで、[Artifacts] タブを選択します。

  2. 目的の要件を選択します。要件がモジュール コンテキスト内でリンクされている場合は、そのモジュール コンテキスト内の要件を選択します。

  3. 右側のペインで [Selected Artifact] タブが選択されていることを確認します。

  4. 右側のペインで [Artifact Links] を選択します。

  5. [Links to] でバックリンクをクリックすると、MATLAB または Simulink 内のリンクされている項目に移動します。

DOORS Next プロジェクトにバックリンクを挿入しなかった場合は、[MathWorks Requirements Toolbox] ウィジェットを使用して特定の要件のリンクをクエリできます。

  1. DOORS Next プロジェクトの目的のストリームまたは変更セットで、[Artifacts] タブを選択します。

  2. 目的の要件を選択します。[MathWorks Requirements Toolbox] ウィジェットが更新され、選択した要件が反映されることを確認します。

  3. [MathWorks Requirements Toolbox] ウィジェットで、[Query Links from SL] をクリックします。ブラウザーで [MATLAB/Simulink からのリンク] ウィンドウが開きます。

    メモ

    ブラウザー ウィンドウにリンクを表示するには、MATLAB または Simulink 内のリンクされたアーティファクトを読み込む必要があります。

  4. [ソース オブジェクト] の下のハイパーリンクをクリックすると、MATLAB または Simulink 内の項目に移動します。

IBM DOORS Next の構成の指定および更新

構成管理が有効化された IBM DOORS Next プロジェクトは、"ストリーム" および "変更セット" という複数のブランチ ("構成" とも呼ばれる) をサポートしています。Requirements Toolbox では、Simulink の既存のリンクの外向きリンク先を、別のストリームまたは変更セット内の同じ要件に更新できます。

構成ストリームまたは変更セットの指定

作業を行う IBM DOORS Next プロジェクトと、ストリームまたは変更セットを選択します。MATLAB コマンド プロンプトで、次のように入力します。

slreq.dngConfigure
この関数の詳細については、slreq.dngConfigure を参照してください。

API による保存済みのストリームまたは変更セットの更新

Requirements Toolbox には、ストリームや変更セットが変更された場合に DOORS Next の要件を管理する次のような関数があります。

  • slreq.dngCountLinksslreq.LinkSet オブジェクトから DOORS Next の特定のストリームまたは変更セットへのリンク数を調べます。

  • slreq.dngGetProjectConfig。既知のストリームまたは変更セットについて DOORS Next プロジェクトにクエリします。

  • slreq.dngGetUsedConfigslreq.LinkSet オブジェクトにリンクされているストリームまたは変更セットを特定します。

  • slreq.dngUpdateConfig。ストリームまたは変更セットが変更されたときに、DOORS Next の要件の別のストリームまたは変更セットを指すように既存のリンクを更新します。

[MathWorks Requirements Toolbox] ウィジェットを使用したセッション コンテキストの同期および更新

[MathWorks Requirements Toolbox] ウィジェットには、Requirements Toolbox 内の現在の構成ストリームのコンテキストに関する情報が表示されます。ウィジェットは、Requirements Toolbox でアクティブな構成ストリームのコンテキストを赤で強調表示することにより、Requirements Toolbox 内と IBM DOORS Next 内のアクティブな構成ストリームのコンテキストの不一致を示します。

不一致を解決するには、ウィジェットで赤で強調表示されているテキストをクリックし、[DGN 構成コンテキストの不一致] ダイアログ ボックスで [更新] をクリックします。あるいは、IBM DOORS Next で、アクティブな構成ストリームを変更できます。

既存のリンクの構成コンテキストは、API による保存済みのストリームまたは変更セットの更新に挙げられている関数を使用するか、[MathWorks Requirements Toolbox] ウィジェットの [Query Links from SL] のハイパーリンクを使用することによって更新できます。

  1. DOORS Next の [MathWorks Requirements Toolbox] ウィジェットで、[Query Links from SL] をクリックします。ブラウザーで新しいウィンドウが開き、DOORS Next 内で選択された要件に対するリンクの概要が示されます。

  2. [Managed link configurations] のハイパーリンクをクリックし、現在の MATLAB セッション内にあり、ターゲットの構成コンテキストの属性でグループ化された DOORS Next のリンクに関するレポートを表示します。

  3. 別の構成コンテキストに関連付けるリンクのグループの [redirect] をクリックします。

  4. ウィンドウが更新されたら、関連付けるストリームまたは変更セットをクリックします。

  5. リンクを更新したストリームまたは変更セットのいずれかを見つけ、リンクされた要件の、必要な構成にリンクから移動できることを確認します。

参考

|

関連するトピック