Main Content

外部の要件ドキュメントのナビゲーション バックリンクの管理

"バックリンク" とは外部ドキュメント内のナビゲーション リンクであり、これによって、要件から MATLAB® または Simulink® 内のリンクされた項目へと移動することができます。バックリンクは、MATLAB または Simulink 内の項目から外部要件を指し示す、対応する直接リンクをもつか、MATLAB または Simulink 内の項目から、インポートされた参照要件 (外部要件のプロキシ オブジェクトの役割を果たす slreq.Reference オブジェクト) を指し示すリンクと一致します。インポートと直接リンクの相違点を参照してください。

MATLAB または Simulink 内の項目から外部ドキュメント内の要件への直接リンクを作成するときに、バックリンクを挿入することができます。MATLAB または Simulink 内の項目から、インポートされた参照要件へのリンクを作成するときには、バックリンクを挿入できませんが、リンクの作成後に挿入することはできます。元のリンクが削除された場合は、外部ドキュメントからバックリンクを削除することもできます。

バックリンクは次の場所に挿入できます。

  • Microsoft® Word ドキュメント

  • Microsoft Excel® スプレッドシート

  • IBM® Rational® DOORS® モジュール

  • IBM DOORS Next プロジェクト

外部の要件ドキュメントのバックリンクの挿入

MATLAB または Simulink 内の項目から、インポートされた参照要件または外部ドキュメント内の要件へのリンクを作成するとき、Requirements Toolbox™ はリンクを slreq.Link オブジェクトとして作成します。場合によっては、直接リンクを作成するときに外部ドキュメントにバックリンクを挿入することを選択できます。

要件エディターでバックリンクを更新するには、以下を行います。

  1. 要件エディターを開きます。MATLAB コマンド プロンプトで、次のように入力します。

    slreq.editor

  2. 要件エディター[リンクの表示] をクリックして、読み込まれたリンク セットを表示します。

  3. バックリンクの挿入または古いバックリンクの削除に使用するリンクを含むリンク セットを選択します。リンク セットを右クリックして [バックリンクの更新] を選択します。

  4. ダイアログ ボックスに、チェックされたリンクの数と、追加および削除されたバックリンクの数が表示されます。[OK] をクリックします。

あるいは、updateBacklinks を使用してバックリンクをプログラムによって更新できます。

メモ

[バックリンクの更新] を選択するか updateBacklinks を使用する場合、IBM DOORS Next 内のバックリンクは削除されません。DOORS Next 内の不要なバックリンクは、DOORS Next のインターフェイスで削除してください。

参考

関連するトピック