Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

モデル確認

指定した境界に対する線形モデルの時間領域および周波数領域の特性の検証、サブシステムの検証

Simulink® Control Design™ ソフトウェアには、シミュレーション時に非線形 Simulink モデルから計算される線形システムの時間領域特性と周波数領域特性を監視するために、Model Verification ブロックが用意されています。これらのブロックを使用して、特定の線形システムにおける特性の境界を定義し、シミュレーション中にこれらの境界が満たされているかどうかをチェックします。詳細については、Simulink モデルの線形システム特性の監視および確認可能な線形システムの特性を参照してください。

ブロック

Check Bode Characteristicsシミュレーションの間、ボード線図の振幅が指定範囲内にあることを確認します。
Check Gain and Phase Marginsシミュレーション時に、ゲイン余裕と位相余裕の範囲が満たされていることを確認します。
Check Linear Step Response Characteristicsシミュレーション時に、線形化システムでステップ応答の範囲が満たされていることを確認します。
Check Nichols Characteristicsシミュレーション時に、ニコルス応答のゲイン余裕と位相余裕の範囲が満たされていることを確認します。
Check Pole-Zero Characteristicsシミュレーション時に、極の位置の範囲が満たされていることを確認します。
Check Singular Value Characteristicsシミュレーション時に、特異値が指定範囲内にあることを確認します。

トピック

Simulink モデルの線形システム特性の監視

シミュレーション時に非線形 Simulink モデルから計算される線形システムの時間領域および周波数領域特性を監視します。

Model Verification ブロックの線形システムの定義

モデル検証のための線形システムを計算するには、線形化の入力と出力、およびモデルを線形化するタイミングを指定します。

確認可能な線形システムの特性

時間領域および周波数領域の線形システム特性の範囲を指定して、シミュレーション時にこの範囲が満たされることをアサートできます。

既定のシミュレーション スナップショット時間でのモデルの検証

シミュレーションの開始時に、非線形 Simulink モデルの線形システム特性の範囲が満たされていることをアサートする。

複数のシミュレーション スナップショットでのモデルの検証

複数のスナップショット時間において、非線形 Simulink モデルの線形システム特性の範囲が満たされることをアサートする。

Simulink Control Design および Simulink 検証ブロックを使用したモデルの検証

Simulink Control Design および Simulink 検証ブロックの組み合わせを使用して、線形システムの特性が指定の範囲を満たすことをアサートする。

注目の例